[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、打率.368でもMVPランキング2位 トップを走る男はOPS1.103…両リーグMVPの快挙なるか

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手はここまでMLB最高の打率.368、安打35、長打17をマーク。OPS1.094と好成績を残している。昨季は2度目の満票MVPを獲得しており、今季も期待は高まるばかりだが、MLB公式の現時点でのナ・リーグMVPランキングでは2位になっている。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

MLB公式のMVPランキングは

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手はここまでMLB最高の打率.368、安打35、長打17をマーク。OPS1.094と好成績を残している。昨季は2度目の満票MVPを獲得しており、今季も期待は高まるばかりだが、MLB公式の現時点でのナ・リーグMVPランキングでは2位になっている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 1号ホームランこそ開幕9試合、41打席目と自身最も遅かった大谷。それでも長打を連発し、21日(日本時間22日)のメッツ戦では今季5号2ラン。松井秀喜氏を超える通算176号で、メジャーでの日本人最多記録を更新した。

 強力ドジャース打線にあっても存在感を放つ大谷。まだ24試合が終了したところだが、両リーグMVP受賞の快挙も期待される。そんな中、MLBは両リーグのMVPランキングを発表。大谷は2位だった。

 ナ・リーグトップに位置づけられているのは同僚のムーキー・ベッツ。2018年のMVP男は今季大谷と1、2番コンビを組んでおり、打率.355、6本塁打、19打点。OPSは大谷を上回るリーグトップの1.103を記録している。

 公式インスタグラムでは「フアン・ソトとムーキー・ベッツがMLB.comのシーズン序盤のア・リーグ/ナ・リーグMVP投票で首位となっている」と説明されている通り、ア・リーグでは打率.322、5本塁打、20打点のソトがトップに位置づけられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集