[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

追突した側なのに反省なし「馬鹿げた事故」 角田同僚を棄権させたF1レーサーが“言い訳”連発

自動車レースのF1第5戦中国GPは21日に決勝が行われ、角田裕毅(RB)の同僚ダニエル・リカルドはランス・ストロール(アストンマーチン)に後方から追突されてリタイアという不運な結果に終わった。国際自動車連盟(FIA)はリカルドを“被害者”と認定する中、責任を負うべきストロールは“暴言”を吐いたあげく「馬鹿げた事故だった」「もう少し配慮してほしかった」などと言い訳に終始している。

アストンマーチンのランス・ストロール【写真:Getty Images】
アストンマーチンのランス・ストロール【写真:Getty Images】

F1中国GP

 自動車レースのF1第5戦中国GPは21日に決勝が行われ、角田裕毅(RB)の同僚ダニエル・リカルドはランス・ストロール(アストンマーチン)に後方から追突されてリタイアという不運な結果に終わった。国際自動車連盟(FIA)はリカルドを“被害者”と認定する中、責任を負うべきストロールは“暴言”を吐いたあげく「馬鹿げた事故だった」「もう少し配慮してほしかった」などと言い訳に終始している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 セーフティーカーが入った27周目、各車の間隔が詰まった時だった。コーナーを曲がる際に前を走るリカルドに真後ろからストロールが追突。リカルドのマシン後部がストロールのマシンに乗り上げる形となった。リカルドは一度レースに戻ったが、マシンのダメージでリタイヤとなった。

 英モータースポーツ専門メディア「クラッシュ・ネット」は、国際自動車連盟(FIA)の裁定を紹介。ストロールのブレーキングが遅れたことを指摘し「衝突の主な原因は20号車にあると判断した」と伝えている。さらに「ストロールはチーム無線でリカルドのブレーキングを“愚か者”呼ばわりしたが、10秒のタイムペナルティを科され、ピットでこれを消化。16位でフィニッシュした」とリカルドに対しての暴言があったことにも触れている。

 そんな中、F1公式サイトは「解説:リカルド、ストロール、サージェント、マグヌッセンがペナルティを受けた理由」との見出しで記事を公開。ストロールが「先頭にいた集団の誰かがブレーキを踏んだ。誰かわからないけど。それでみんながストップしたんだ。僕の前にいた車が時速60キロからゼロまで減速した――だから本当に馬鹿げた事故だったよ」と語っていることを紹介した。

 さらにストロールは「リカルドにぶつかったという最終的な理由でペナルティをくらった。でもみんな普通だった訳ではなく、僕は彼の後ろにぶつかっただけなんだ」と悪びれる様子もなく「それに、本当に奇妙な“アコーディオン効果”があったので、スチュワード(審査委員)にはもう少し配慮してほしかったよ」とも話しているという。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集