[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1角田裕毅が追突された超不運リタイアに日本人憤慨 因縁の相手に「恨みでもあるのか」「謎過ぎ」

自動車レースのF1第5戦、中国グランプリは21日決勝を行い、唯一の日本人ドライバー角田裕毅(RB)は19番手スタートから追い上げていたものの、27周目に後続のマシンに右後輪をヒットされスピン、そのままリタイアという不運な結末に終わった。これに日本のファンからは「撃墜されとる」「恨みでもあるのかな」と怒りの声が上がった。

F1中国GPに出場した角田裕毅【写真:ロイター】
F1中国GPに出場した角田裕毅【写真:ロイター】

2戦連続入賞の角田に接触したのは…サウジでブロックされたマグヌッセン

 自動車レースのF1第5戦、中国グランプリは21日決勝を行い、唯一の日本人ドライバー角田裕毅(RB)は19番手スタートから追い上げていたものの、27周目に後続のマシンに右後輪をヒットされスピン、そのままリタイアという不運な結末に終わった。これに日本のファンからは「撃墜されとる」「恨みでもあるのかな」と怒りの声が上がった。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 豪州GP、日本GPと2戦連続の入賞を果たし波に乗る角田は、最後列19番グリッドのスタートから粘り強く追い上げた。22周目にセーフティーカーが入り、再スタートの時点では13番手まで順位を上げていた。

 ところが再スタートでマシンが密集した際に、ケビン・マグヌッセン(ハース)に右後輪をヒットされスピン。マシンがダメージを負いそのままリタイアした。マグヌッセンには10秒のペナルティが課された。“もらい事故”のように見える不運な光景に、日本のファンからは突っ込んだマグヌッセンへの怒りの声が上がっている。

「なんで角田がアウトに居るのにアウト側に行ったん?謎過ぎる」
「ハース的にはマグヌッセンよくやったやろな」
「角田くんもリカルドも中国GPはなーんかツイてなかった感じ」
「角田もお疲れ。マグヌッセンロケットはもうね」
「撃墜されとる」
「さすがにこれは角田かわいそう」

 マグヌッセンは第2戦サウジアラビアGPで、ヒュルケンベルグの入賞を助けるために大幅にペースダウンし、角田をブロックし続けたことがある。そのため「またマグヌッセンかよ」「マグヌッセン 角田に恨みでもあるのかな」というコメントも並んでいた。

 なお、レースはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が制した。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集