[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

水原容疑者が「最大の盾だった」 消えて感じる存在感、大谷翔平に直接話しかけた米メディアの驚き

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手を取り巻く環境は、シーズン開始早々に激変した。開幕戦が行われた3月20日の夜に、長年専属通訳を務めた水原一平容疑者が、巨額の違法賭博への関与で解雇され、現在は銀行詐欺罪で訴追されている。グラウンドでは、大谷のそばに常に通訳がいる状況ではなくなった。この変化を米国のメディアは様々な視点から分析している。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

取材中の大谷から通訳が離れていった…これまでなかった光景

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手を取り巻く環境は、シーズン開始早々に激変した。開幕戦が行われた3月20日の夜に、長年専属通訳を務めた水原一平容疑者が、巨額の違法賭博への関与で解雇され、現在は銀行詐欺罪で訴追されている。グラウンドでは、大谷のそばに常に通訳がいる状況ではなくなった。この変化を米国のメディアは様々な視点から分析している。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」が「ショウヘイ・オオタニがギャンブルの物語からいかにドジャースの一員として、そして個人として成長できるか」という記事で伝えている。

 記事はドジャースのクラブハウスで起こった異変を伝えている。大谷が米国での開幕戦後にインタビューを受けていた時、途中で新たに通訳を務めるウィル・アイアトン氏が離れていったというのだ。記事は「アイアトンが、このスラッガーの回答を短いインタビューの間ずっと訳していたが、その後想像できないことをした」「オオタニの通訳が去っていったのだ」と、メディアに与えた驚きを伝えている。

 アイアトン氏はかつて前田健太投手の通訳を務めたものの、現在はチームのデータ分析を担当している。記事は「29歳のオオタニは、事実上自立していた」として、大谷にとっては“初”となる環境をつづった。

「最近、イッペイ・ミズハラがいた場所には空白がある。その空白は、オオタニの同僚、コーチ、アイアトン、報道陣、トレーナー、ドジャースのデーブ・ロバーツ監督といった登場人物で埋められている。その空白は他の人たち(もちろん、オオタニの金を盗まない極悪じゃない人たち)にとって隙間を埋めるチャンスだ」

 これまで、常に水原容疑者を介してのコミュニケーションを強いられていた大谷周辺の人たちが、距離を詰められる状況にあるというのだ。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集