[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宮里藍「オフセンターでも距離が変わらないのがいい」 新ドライバー・B3MAX Dに手応え 開発者のプロ魂にも感心

元女子ゴルフ世界ランキング1位の宮里藍が、千葉・市原GC市原Cで開催されたブリヂストンスポーツのゴルフ新商品試打会に参加した。取材陣、スタッフを前にデモンストレーションでドライバーショットを披露し、感触などを語った。

ブリヂストンスポーツの新クラブを試打して手応えを語った宮里藍(左)と川崎志穂【写真:柳田通済】
ブリヂストンスポーツの新クラブを試打して手応えを語った宮里藍(左)と川崎志穂【写真:柳田通済】

ブリヂストンスポーツのゴルフ新商品試打会に参加

 元女子ゴルフ世界ランキング1位の宮里藍が、千葉・市原GC市原Cで開催されたブリヂストンスポーツのゴルフ新商品試打会に参加した。取材陣、スタッフを前にデモンストレーションでドライバーショットを披露し、感触などを語った。

 手にしたのは、『B3MAX D DRIVER』(ビースリーマックス ディー ドライバー)のロフト角10.5度。現役時代と同じゆったりとしたスイングで高い弾道を放ち、フェアウェー中央にボールを運ぶと「久しぶりに気持ちいいドローが出ました。懐かしいけど新鮮です」と感想を述べた。

 宮里は2017年シーズンを最後にツアー引退し、現在は1児の母。育児優先のため、コースに出る機会は減った。それでも、打撃レンジでの試打も踏まえ、新商品については「優しいですね。打ち出しから高く、慣性モーメントを感じてオフセンターでも距離が変わらないのがいいですね」と感触をつかんだようだ。

 慣性モーメントとは、クラブフェース面のスウィートスポットでボールをとらえることができなかった時、許容範囲を示す数値。『B3MAX D DRIVER』はまさにそれを目指したクラブで、「カーボンモノコックボディーの 『MAX やさしい高機能ドライバー』」が謳い文句になっている。ブリヂストン独自技術である「バイティングフェース」×「カーボンモノコックボディー」により、ブレずに飛ばす性能を追求 。最大40グラム超の高機能ウエイトを搭載した高慣性モーメント設計により、オフセンターヒットでの寛容性も実現している。

 試打会には、2017年プロテスト合格の川崎志穂も参加。ステップ・アップ・ツアーを主戦場にする飛ばし屋は、打撃レンジから「進化」を感じていた。手にしたのは『B3MAX DRIVER』の9.5度。ボールを打った瞬間に言った言葉は「強い!」の一言だった。

 記者も川崎のショットを見ていたが、その弾道の強さに驚かされた(飛距離は274ヤード)。川崎はその後、数発を放って手応えをつかんでいた。

「これ、すぐに試合でも使えそうです。方向性もすごくいいです」

『B3MAX DRIVER』はロフト角9.5度。構造は『B3MAX D DRIVER』と同じだが、ステンレスウェイトによって、重心をやや前に移動させて「低スピン設計」をプラスしている。米ツアーを主戦場にする古江彩佳もオフの撮影会で、このドライバーをすぐに気に入って今季の試合で使っている。出場8試合を終えた時点で平均飛距離249.29ヤード、フェアウェーキープ率86.64%。昨季の245.44ヤード、84.76%を上回っている。

 文字通り、結果でも「進化」を感じさせるクラブ。同社の開発者は実感を込めて、こう話す。

「(素材が)カーボンだからこそ強度を高めたり、たわますことができます。ただ、ここまで来るには何年もかかりました。寝られないぐらい考えた日もありましたし、柔軟性を高めながら強度を高めることには特に苦労しました」

 それでも「次(の新商品)に向けてまだやれることはあります」と力強く言った。まさにプロ魂。宮里、川崎も感心しきりだった。

ステンレスウェイトによって、重心をやや前に移動させた『B3MAX D DRIVER』のロフト角9.5度【写真:柳田通済】
ステンレスウェイトによって、重心をやや前に移動させた『B3MAX D DRIVER』のロフト角9.5度【写真:柳田通済】

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集