[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

菊池雄星、同僚に振る舞う46万円“勝利の美酒”に好評の声「こんなことは今までなかった。最高」

米大リーグ・ブルージェイズの菊池雄星投手が16日(日本時間17日)、本拠地ヤンキース戦に先発登板し、6回4安打1失点、9奪三振の好投で今季初勝利を挙げた。初回に相手の1~3番を3者連続三振に仕留める圧巻の投球も披露。試合中の現地中継では、菊池が勝利した際にチームメートへ振る舞う粋な勝利の美酒を紹介している。

ブルージェイズの菊池雄星【写真:ロイター】
ブルージェイズの菊池雄星【写真:ロイター】

ヤンキース戦6回1失点9奪三振の快投で今季初勝利

 米大リーグ・ブルージェイズの菊池雄星投手が16日(日本時間17日)、本拠地ヤンキース戦に先発登板し、6回4安打1失点、9奪三振の好投で今季初勝利を挙げた。初回に相手の1~3番を3者連続三振に仕留める圧巻の投球も披露。試合中の現地中継では、菊池が勝利した際にチームメートへ振る舞う粋な勝利の美酒を紹介している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 初回、先頭打者のボルペを低めのスライダーで空振り三振に斬って取ると、2番ソトには高め157キロの剛速球で空振り三振。さらに3番ジャッジも高め154キロの速球を投じ、空振りで3者連続三振を奪った。2回に1失点したものの、3回にもジャッジから三振を奪うなど躍動。94球の力投で勝利に導いた。

 この試合を中継したブルージェイズの地元カナダ放送局「スポーツネット」は試合中、菊池が同僚に振る舞う“勝利の美酒”を紹介していた。日本のウイスキー「山崎」が画面に映し出され、レポーターのヘーゼル・メイさんが「毎回、彼がマウンドに上がって勝利したときの伝統にしたいそうです」と伝えた。

「これは特別なもので、高価で貴重な日本のウイスキーだそうです。2022年版のシングルモルト・スパニッシュオークのヤマザキウイスキーです。特に重要なことは、ブルージェイズと契約した年のものを見つけたかったそうです」

 さらにメイさんは「シーズン中はアルコールの摂取を最小限にしていると私に言っていました。しかし『勝利』は、チームメイトと良いものを共有する十分な理由になると信じていると。あまりお酒は飲まないけど、先発する日だけだと。ところで、ウイスキー1本で3000(ドル)だそうですよ」と約46万円の逸品を振る舞っている理由についても触れている。

 MLB公式サイトでも菊池の振る舞う「山崎」の記事が掲載され、同僚のダン・ボーゲルバック内野手が「こんなことはこれまでになかったし、本当にすごく良かった」「特に日本から来て、試してもらいたいと見せてきて、喜んでいるときはいつも最高だ。これはクールだった」といったコメントも紹介している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集