[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

担架で運ばれるKO負け→東京Dで雪辱宣言 5.6に世界挑戦・桑原拓「虎になります。最強なので」

ボクシングのWBA世界フライ級3位・桑原拓(大橋)が16日、5月6日に東京Dで行われる同級王者・ユーリ阿久井政悟(倉敷守安)への世界初挑戦に向け、神奈川・横浜市内の所属ジムで練習を公開した。同門の世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥と元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)の歴史的一戦の興行に参戦。3年前には担架で運ばれるKO負けを喫した相手に対し、大舞台での雪辱を狙う。戦績は28歳の阿久井が19勝(11KO)2敗1分け、29歳の桑原が13勝(8KO)1敗。

練習前の会見でカメラに向かって拳を突き出す桑原拓【写真:浜田洋平】
練習前の会見でカメラに向かって拳を突き出す桑原拓【写真:浜田洋平】

桑原拓が練習公開

 ボクシングのWBA世界フライ級3位・桑原拓(大橋)が16日、5月6日に東京Dで行われる同級王者・ユーリ阿久井政悟(倉敷守安)への世界初挑戦に向け、神奈川・横浜市内の所属ジムで練習を公開した。同門の世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥と元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)の歴史的一戦の興行に参戦。3年前には担架で運ばれるKO負けを喫した相手に対し、大舞台での雪辱を狙う。戦績は28歳の阿久井が19勝(11KO)2敗1分け、29歳の桑原が13勝(8KO)1敗。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 練習前の会見冒頭、陣営の大橋秀行会長は言った。

「KOされて担架で運ばれる負け方だった。桑原にも期するものがある」

 2021年7月、桑原は日本フライ級王者だった阿久井に10回TKO負け。初回にダウンを奪われ、僅差の劣勢で最終回へ。逆転を狙ったところでもう一度倒された。あれから3年。得意のスピード一辺倒だった自分を見直し、パワーもつけて戻ってきた。再起後は5連勝中。調整段階で過去最高の手応えがある。

「今までで一番仕上がっています。特にメンタルですね。ボクシングをやっていて毎日が凄く楽しい。世界挑戦までの時間が充実しています。スパーリングでもスタミナ、メンタルはもちろん、前回よりパワーアップしている」

 動きがよく、こなしたスパーの数は「わからない」というほどいつもに以上に多い。前戦は昨年7月。間隔が空き、再開当初のスパーは「イメージ通りに動けずに苦しんだ」というが、復調した。「3年前を思い出し、それを払拭する練習をしてきた」。阿久井の猛烈な圧力のかけ方が印象的。「今回はそうはさせない。前回から自分も見違えるくらい全てのスキルが上がった」と力強い。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集