[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プロボクサーなのにワンツーを「やっと」習得 世界挑戦・武居由樹の成長を八重樫トレーナー解説

ボクシングのWBO世界バンタム級5位・武居由樹(大橋)が15日、5月6日に東京Dで行われるWBO世界同級王者ジェイソン・マロニー(オーストラリア)への世界初挑戦に向け、神奈川・横浜市内の所属ジムで練習を公開した。同門の世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥と元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)の歴史的一戦の興行に参戦。ボクサーの基本でもあるワンツーを「やっと」習得したという。戦績は27歳の武居が8勝(8KO)、33歳のマロニーが27勝(19KO)2敗。

所属ジムで練習を公開した武居由樹(左)と八重樫東トレーナー【写真:浜田洋平】
所属ジムで練習を公開した武居由樹(左)と八重樫東トレーナー【写真:浜田洋平】

武居由樹が練習公開

 ボクシングのWBO世界バンタム級5位・武居由樹(大橋)が15日、5月6日に東京Dで行われるWBO世界同級王者ジェイソン・マロニー(オーストラリア)への世界初挑戦に向け、神奈川・横浜市内の所属ジムで練習を公開した。同門の世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥と元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)の歴史的一戦の興行に参戦。ボクサーの基本でもあるワンツーを「やっと」習得したという。戦績は27歳の武居が8勝(8KO)、33歳のマロニーが27勝(19KO)2敗。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 大一番に向けて急成長中だ。練習状況を問われた武居は「出したことがない技が出て、自分でも驚いています」と苦笑いした。3月8日に試合の発表会見を実施。指導する元世界3階級制覇王者・八重樫東トレーナーは「世界戦が決まって危機感があるのか、集中する場面が多い。前の会見からスパーリングでも凄く伸びている。今までできなかったことができている」と評価した。

「出したことがない技」とは何なのか。八重樫トレーナーが「ワンツーです」と明かすと、あまりの基本のためジム内が笑いに包まれた。しかし、「嘘じゃない」という。

「今までワンツーができなかったので。もともとビッグパンチを打てるし、K-1時代のパンチはもともと打てる。でも、ボクサーのワンツー、ストレートはなかなかできなかった。ここに来てやっとできるようになりましたね。

 今までもミット、サンドバッグの練習ではできるけど、実戦で出せなかった。ここに来て『当たるんだ』と思えるようになって、より出せるようになりました。試合でもストレートを打てていなかったけど、デビューから8戦までの間に少しずつ増えている。スパーで出せるので本番でもできるのではないかと思います」

 元K-1世界王者の武居は、21年3月のボクシングデビューから昨年12月まで8勝(8KO)のパーフェクトレコード。トリッキーな強打を武器とした一方、ボクサーの基本からはやや外れていたという。ワンツー習得の理由について、武居は「八重樫さんとやってきたことの積み重ね。あの時(3月の会見時の実力)だと絶対に勝てない」と感謝した。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集