[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上VSネリ興行で世界挑戦 「不利」と指摘される武居由樹が歓迎「不利で大丈夫。危機感もてる」

ボクシングのWBO世界バンタム級5位・武居由樹(大橋)が15日、5月6日に東京Dで行われるWBO世界同級王者ジェイソン・マロニー(オーストラリア)への世界初挑戦に向け、神奈川・横浜市内の所属ジムで練習を公開した。同門の世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥と元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)の歴史的一戦の興行に参戦。根強い不利予想を大歓迎した。戦績は27歳の武居が8勝(8KO)、33歳のマロニーが27勝(19KO)2敗。

所属ジムで練習を公開した武居由樹【写真:浜田洋平】
所属ジムで練習を公開した武居由樹【写真:浜田洋平】

武居由樹が練習公開

 ボクシングのWBO世界バンタム級5位・武居由樹(大橋)が15日、5月6日に東京Dで行われるWBO世界同級王者ジェイソン・マロニー(オーストラリア)への世界初挑戦に向け、神奈川・横浜市内の所属ジムで練習を公開した。同門の世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥と元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)の歴史的一戦の興行に参戦。根強い不利予想を大歓迎した。戦績は27歳の武居が8勝(8KO)、33歳のマロニーが27勝(19KO)2敗。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 不利予想を覆すのが世界挑戦の醍醐味だ。武居は時折笑顔を見せるなどピリピリムードはなく会見。「減量もしっかりコツコツできています。相手も強い。だから、緊張感と危機感を持ちながらできている」。シャドー2回、サンドバッグ打ち2回を公開。リズムよく軽快な動きで汗を流した。

 王者マロニーは20年10月に米ラスベガスで井上に世界挑戦し、7回KO負け。21年8月に再起すると、井上が返上したWBO世界バンタム級王座を23年5月に獲得した。今年1月に初防衛成功。世界的モンスターに敗れたとはいえ、ハイレベルな実力を持つ再起後6連勝中の実力者だ。

 武居は3月8日に世界戦の発表会見を実施。「あの時(の実力)だと絶対に勝てない」といつも以上に集中し、短期間で成長できたことを実感した。元世界3階級制覇王者・八重樫東トレーナーは「この期間で引き出しが増えて勝率が上がった」と証言するが、「あくまでこちらは不利だと思っていきたい。リングで『あ、こんなもんなんだ』と思ってほしい」と挑戦者のメンタルの必要性を説いた。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集