[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

体操界の新絶対エース・橋本大輝 左腕をつるアクシデントもなんのV4「一番の目標はパリ五輪金」

体操の個人総合全日本選手男子決勝が14日、群馬・高崎アリーナで行われ、パリ五輪代表に内定しているエース橋本大輝(22=セントラルスポーツ)が10連覇の内村航平以来となる4連覇を達成した。予選トップの橋本は決勝でもスコアを伸ばして87.965。体力面に課題を残しながらも、合計176.164で2位に4点近い差をつけた。

体操の個人総合で4連覇を達成した橋本大輝【写真:中戸川知世】
体操の個人総合で4連覇を達成した橋本大輝【写真:中戸川知世】

内村航平以来の4連覇

 体操の個人総合全日本選手男子決勝が14日、群馬・高崎アリーナで行われ、パリ五輪代表に内定しているエース橋本大輝(22=セントラルスポーツ)が10連覇の内村航平以来となる4連覇を達成した。予選トップの橋本は決勝でもスコアを伸ばして87.965。体力面に課題を残しながらも、合計176.164で2位に4点近い差をつけた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 スタートは完璧だった。1種目めの床運動で15.000の高得点を出すと、2種目めのあん馬も15.133。「前半はよかった。89点ぐらい行くのではと思いました」と振り返ったが、その後アクシデントに襲われた。

 5種目めの平行棒、序盤で左腕をつった。何とか演技をまとめて14.766の得点は出したものの、演技終了後は腕を抱えながら苦悶の表情を見せた。最終種目の鉄棒は「ダメなら途中でやめる」つもりで構成を変えて挑戦。最後まで演技したものの着地は大きく乱れ、予選の15.100から13.800まで得点を落とした。

 大会前には「連覇は考えていない」と話していた。今季初戦となる今大会はパリ五輪へ向けた準備。「冬場にやってきたことを確認する。ケガをすることなく、ミスなく2日間演技すること」が目標だった。ところが体力面の不安が露呈。「2日間通しきれるかと思っていたけれど、後半にバテてしまった」と振り返った。

 もっとも、この舞台で課題が見つかったことには前向き。「体力面は心配していた通りだったので、NHK杯までに修正したい」。さらに「パリまでに何をすべきなのかを確認するのが今大会だったので」とアクシデントも前向きに捉えた。

 東京五輪で個人総合と種目別鉄棒で金メダルを獲得。パリ五輪では団体総合も含めて頂点を狙う。全ては今夏の五輪に向けた準備。「一番の目標は、パリで金メダルを獲ることなので」。新たな絶対エースは力を込めて言った。(荻島 弘一)

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集