[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフの緊張V争いで光った冷静さ 初V前夜、21歳竹田麗央に響いた賞金女王2人の言葉

女子ゴルフの国内ツアー・KKT杯バンテリンレディス最終日が14日、熊本空港CC(6518ヤード、パー72)で行われ、首位と3打差の3位で出た竹田麗央(りお・ヤマエグループHD)が3バーディー、1ボギーの70で回り、通算7アンダーの逆転でツアー初優勝を果たした。1993、94年賞金女王・平瀬真由美の姪で母・哲子さんも元プロゴルファー。重圧のかかる地元での優勝争いでも平常心でプレーできた裏には、2人の賞金女王にもらった助言があった。

KKT杯バンテリンレディスでツアー初優勝を果たした竹田麗央【写真:Getty Images】
KKT杯バンテリンレディスでツアー初優勝を果たした竹田麗央【写真:Getty Images】

KKT杯バンテリンレディス

 女子ゴルフの国内ツアー・KKT杯バンテリンレディス最終日が14日、熊本空港CC(6518ヤード、パー72)で行われ、首位と3打差の3位で出た竹田麗央(りお・ヤマエグループHD)が3バーディー、1ボギーの70で回り、通算7アンダーの逆転でツアー初優勝を果たした。1993、94年賞金女王・平瀬真由美の姪で母・哲子さんも元プロゴルファー。重圧のかかる地元での優勝争いでも平常心でプレーできた裏には、2人の賞金女王にもらった助言があった。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 涙はない。淡々とプレーし、最後に少し頬を緩めた。最終18番パー5。竹田はわずか10センチほどのウィニングパットを沈めた。拍手にペコペコと初々しく会釈。「涙は出なかった。嬉しい気持ちだけ。拍手や『ナイスバーディー』の声が凄く力になりました」。自身も13歳で被災した熊本地震からちょうど8年。地元の声援に押され、粘り抜いた。

 2週前は単独首位で出た最終日に2位。「優勝したい気持ちが強すぎた」と悔し涙を流した。再び訪れた優勝争いだったが、3番でボギー。「優勝を考えずにやろう」。4番でラフから1メートル半に寄せて獲り返した。11番も15ヤードから30センチに寄せるバーディー。ともにオフに磨いた小技。単独首位から5つ落とした同組の岩井明愛を横目に「いつもより緊張しなかった」と土壇場で冷静さが光った。

 平常心の裏に2人の賞金女王の言葉があった。一人は通算18勝の叔母。大会3日前に「優勝は獲りにいっても獲れない。自然と来るから」と助言をもらった。言葉通りの自然体で上位につけ、迎えた最終日前夜。今度は2015、16年賞金女王のイ・ボミさんから「自分を信じて」とメッセージが届いた。ジュニア時代から憧れ、ギャラリーとしても見届けた人。すっと胸に響き、1打に集中した。

 アマ時代からプロツアーでも活躍し、21年11月の最終プロテストに合格。2年目の昨季はメルセデス・ランキング(MR)22位で初シードを獲得した。ドライバー平均飛距離はツアー3位の254.55ヤードと魅力たっぷり。「何勝もできる選手」を目指しながら「米国でプレーしたい」と夢は大きい。21歳に止まっている暇はない。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集