[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パリ五輪で体操女子の新エースへ 19歳宮田笙子、貫禄ノーミスで全日本初V「緊張はしたけど…」

体操の個人総合全日本選手権女子決勝が13日、パリ五輪代表第2次選考会を兼ねて群馬・高崎アリーナで行われ、宮田笙子(順大)が初優勝した。予選をトップ通過した19歳は、決勝でも安定して高得点を連発。合計得点109.798と2位に2点以上の大差をつけ、初の五輪出場に大きく前進した。体操ニッポンの女子新エースとしての活躍が期待される。

個人総合全日本選手権で初優勝した宮田笙子【写真:中戸川知世】
個人総合全日本選手権で初優勝した宮田笙子【写真:中戸川知世】

宮田笙子が大差で初優勝

 体操の個人総合全日本選手権女子決勝が13日、パリ五輪代表第2次選考会を兼ねて群馬・高崎アリーナで行われ、宮田笙子(順大)が初優勝した。予選をトップ通過した19歳は、決勝でも安定して高得点を連発。合計得点109.798と2位に2点以上の大差をつけ、初の五輪出場に大きく前進した。体操ニッポンの女子新エースとしての活躍が期待される。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 日本女子のエースが、強さを見せつけた。1種目目の跳馬で1人14点台の14.333を出してトップに立つと、段違い平行棒、平均台、最後の床運動までノーミスの演技。初めて全日本のタイトルを手にして「緊張はしたけれど、自信はありました。最初の種目で流れに乗れたのがよかった」と笑顔をみせた。

 22年に世界選手権に初出場すると、平均台で銅メダルを獲得。パリ五輪へ向けてエースに躍り出たが、昨年はケガで苦しんだ。右足かかとの疲労骨折で全日本選手権は出遅れて2位止まり。5月のNHK杯はケガをかかえながらも連覇を果たしたが、2大会連続出場の世界選手権では満足な結果を出せなかった。

「ケガが気にならなくなった。いい状態で試合ができる」と臨んだ今大会。「世界で戦うためには安定感が一番大切」という言葉通りに貫録のノーミス演技で「最後まで自分らしい、いい演技ができた」と胸を張った。

 2位には岸里奈(16=戸田市SC)、3位には中村遥香(15=なんばク)、4位には岡村真(18=相好ク)が入り、現役復帰して3大会連続五輪出場を目指す杉原愛子(24=TRyAS)は5位につけた。パリ五輪の代表枠は5。今大会と5月のNHK杯の合計点上位4人が代表に決まり、残る1人はチームへの貢献度を考慮して選ばれる。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集