[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

41位→3位で初Vが見えてきた女子ゴルフ竹田麗央 子どもの指導で伸びた背筋「プロの自覚が湧く」

女子ゴルフの国内ツアー・KKT杯バンテリンレディス第2日が13日、熊本空港CC(6518ヤード、パー72)で行われた。首位と6打差の41位で出たツアー未勝利の21歳・竹田麗央(りお・ヤマエグループHD)が8バーディー、2ボギーの66で回り、通算5アンダーで首位と3打差の3位に急浮上した。今大会は子どもたちへのレッスン会に参加。地元・熊本の大会でプロとしての自覚を強くした。岩井明愛(Honda)が8アンダーで単独首位。

41位から3位に急浮上した竹田麗央【写真:Getty Images】
41位から3位に急浮上した竹田麗央【写真:Getty Images】

KKT杯バンテリンレディス

 女子ゴルフの国内ツアー・KKT杯バンテリンレディス第2日が13日、熊本空港CC(6518ヤード、パー72)で行われた。首位と6打差の41位で出たツアー未勝利の21歳・竹田麗央(りお・ヤマエグループHD)が8バーディー、2ボギーの66で回り、通算5アンダーで首位と3打差の3位に急浮上した。今大会は子どもたちへのレッスン会に参加。地元・熊本の大会でプロとしての自覚を強くした。岩井明愛(Honda)が8アンダーで単独首位。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 持ち味を生かした。ボギー直後の前半15番パー4。竹田は第2打を1メートル半に寄せてバーディーを奪った。147ヤードの16番パー3は第1打をピン手前30センチにつけて連続バーディー。「いける」と勢いに乗ると、18番から3連続で伸ばした。後半も4バーディーで3位まで急浮上。「昨日は距離がオーバー気味だったので、抑えめで打ちました」と修正力を発揮した。

 1993、94年賞金女王・平瀬真由美の姪で、母・哲子さんも元プロ。今季は2週前の2位など、6戦中4度のトップ10入りで初優勝も見えてきた。ドライバー平均飛距離254.74ヤードはツアー2位の飛ばし屋。この日も1、2番で290ヤード超をかっ飛ばした。

 プロとして背筋を伸ばす瞬間があった。今大会はジュニアレッスン会で子どもたちを指導。「いつも見ている」と声を掛けられた。「自覚が湧きます」。自身も小学校低学年で参加。ツアー通算12勝を誇る2008年賞金女王・古閑美保さんに指導を受けた。熊本の大先輩と触れあった経験は記憶に残っている。「良いプレーが届けられるように頑張りたいです」。今度は自分の番だ。

 小学1年で初めて回り、熊本国府高時代は週1回で通った良く知るコースだ。14日は熊本地震から8年。自身も13歳で被災した。「凄く怖かった。苦労された方もたくさんいると思うので、少しでも元気を届けたい」。この日の入場者は3277人。初優勝を飾る地としてこれ以上の舞台はない。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集