[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「好きじゃない」苦手コースで41位→6位急浮上 今季2勝・鈴木愛「何とかなった」

女子ゴルフの国内ツアー・KKT杯バンテリンレディス第2日が13日、熊本空港CC(6518ヤード、パー72)で行われた。首位と6打差の41位で出た鈴木愛(セールスフォース)が6バーディー、1ボギーの67で回り、通算4アンダーでホールアウト時点では暫定6位に急浮上した。4番から3連続バーディー。「好きじゃない」と話すコースながら地力を見せた。

41位から6位に浮上した鈴木愛【写真:Getty Images】
41位から6位に浮上した鈴木愛【写真:Getty Images】

KKT杯バンテリンレディス

 女子ゴルフの国内ツアー・KKT杯バンテリンレディス第2日が13日、熊本空港CC(6518ヤード、パー72)で行われた。首位と6打差の41位で出た鈴木愛(セールスフォース)が6バーディー、1ボギーの67で回り、通算4アンダーでホールアウト時点では暫定6位に急浮上した。4番から3連続バーディー。「好きじゃない」と話すコースながら地力を見せた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 リーダーボードを駆け上がった。インスタートの鈴木は2つスコアを伸ばして迎えた4番パー5。残り225ヤードのバンカーから放った第3打をピンまで25ヤードまで運んだ。ここから寄せて1パットのバーディー。5番パー4では15メートルのバーディーパットを沈めた。さらに6番パー4は残り102ヤードから54度ウェッジで3メートルにつけ、3連続バーディーだ。

「特に前半はショットが酷かった。縦距離が悪く、パットが入らなくてショットも悪くなった」と振り返ったが、バーディーを量産。18、1番で連続バーディーを奪って流れを変えた。「どっちかというレベルではないくらい好きじゃない。凄く跳ねるし、転がる」とグリーンに苦手意識を持つコース。それでも、2017、19年賞金女王は「湿っていたこともあって何とかなった」とコース状態を把握し、上位に加わった。

 今季2戦目の明治安田レディス、Vポイント×ENEOSで2週連続優勝。ツアー通算20勝に到達した。以降の3戦は優勝争いには絡めていないが、好スコアが復調を後押ししそうだ。「予選通過できてよかった。(最終日は)良い位置で回れると思うので、ショットを修正して60台で回りたい」。実力者が息を吹き返す。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集