[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1014億円契約の大谷が「ますます自分で支払ってる」 進む日本企業とド軍の提携に米ファン仰天

米大リーグ・ドジャースに加入した大谷翔平投手は10年7億ドル(約1014億円=当時)の巨額契約でも注目を浴びた。8日(日本時間9日)、米記者はドジャースがまた新たな日本企業とスポンサー契約を締結したことを紹介。米ファンからは「オオタニ効果だ」「元を取り続ける」と、大谷との契約が次々に企業との契約に結び付いていることに注目する声が上がっている。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

ドジャースが日本企業とパートナーシップ契約

 米大リーグ・ドジャースに加入した大谷翔平投手は10年7億ドル(約1014億円=当時)の巨額契約でも注目を浴びた。8日(日本時間9日)、米記者はドジャースがまた新たな日本企業とスポンサー契約を締結したことを紹介。米ファンからは「オオタニ効果だ」「元を取り続ける」と、大谷との契約が次々に企業との契約に結び付いていることに注目する声が上がっている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 ドジャースは現地8日、医薬品製造や資源素材などを手がける日本企業の「興和」と複数年のパートナーシップを締結したことを発表。大谷は同社のサポートアスリートを務めており、鎮痛薬「バンテリン」のCMにも出演している。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のドジャース番ファビアン・アルダヤ記者も自身のX(旧ツイッター)で「“ドジャースの公式の日本局所鎮痛製品”を紹介」とつづって、契約について伝えたところ、米ファンから様々な反応があった。

 大谷の入団によるところが大きいと指摘する声が多く、「オオタニ効果だ」「オオタニの契約は元を取りつづける」「オオタニがますます自分で支払ってる(笑)」「“7億ドルはお金の無駄だ” 本当にみんなそう思う???」「彼に感謝だ」「7億は本当に価値があった(笑)」「彼の契約金の7億ドルは異常ではなかった。すでに野球以外のさまざまな面で返済している」などと驚きのコメントが書き込まれている。

 ドジャースはこれまでもANA(全日本空輸)、タイヤメーカーのTOYO TIREなどとパートナーシップ契約を相次いで締結。日本企業との提携が深まっている。ドジャースと大谷の契約が報じられた直後、「ジ・アスレチック」はあるMLB関係者が「6、7年以内には元を取れるだろう。彼は文字通りお金の工場だ」などと語り、巨額契約が妥当であると見る内容を伝えていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集