[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「最高だったのは…ヒデキ・マツヤマ」 考案の夕食会メニューに英紙絶賛「日本で至極の品質」

米男子ゴルフの祭典・マスターズが現地時間11日に米ジョージア州オーガスタのオーガスタナショナルGCで開幕する。歴代優勝者が集う恒例の夕食会「チャンピオンズ・ディナー」も開催されたが、英メディアは歴代のメニューに注目。2022年に松山英樹(LEXUS)が考案したものが「最高だった」と称賛を浴びている。

松山英樹【写真:ロイター】
松山英樹【写真:ロイター】

マスターズが11日に開幕

 米男子ゴルフの祭典・マスターズが現地時間11日に米ジョージア州オーガスタのオーガスタナショナルGCで開幕する。歴代優勝者が集う恒例の夕食会「チャンピオンズ・ディナー」も開催されたが、英メディアは歴代のメニューに注目。2022年に松山英樹(LEXUS)が考案したものが「最高だった」と称賛を浴びている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 前年王者がホスト役を務め、ディナーメニューも考案する「チャンピオンズ・ディナー」。2021年に優勝した松山は翌年、前菜の寿司と刺身の盛り合わせ、西京焼きや和牛、あまおう、おろしポン酢など日本らしい品々を提供した。

 英紙「デイリーメール」電子版は「マスターズ 2024:ヒデキ・マツヤマの垂涎の日本食から、タイガー・ウッズが用意した寿司、そしてオーガスタ・ナショナルでジョン・ラームがイベリコ料理を準備しているベスト・チャンピオンズ・ディナー」と題して記事を公開。歴代のメニューを振り返り「最高だったのは…」「2022年のヒデキ・マツヤマ」としている。

「前年のダスティン・ジョンソンのメニューとは大きく異なるメニューを提供した」と松山考案の日本らしい品々を伝えた記事では「おそらく、このショーの主役だったのは山椒大根ポン酢、キノコ、野菜添えの和牛リブロースステーキ、(ペッパーと大根を入れた柑橘系のドレッシング)だった」と紹介。肉の質についても「その和牛はA5ランク、つまり日本で至極の品質ということ」と絶賛した。

 今年のホストとなった前年覇者ジョン・ラーム(スペイン)のディナーには松山も出席。グリーンジャケットを身にまとい、記念写真にも納まった。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集