[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBで“謎の判定”の波紋広がる 主役は悪名高き球審、米批判「雇われているのが信じられない」

7日(日本時間8日)に行われた米大リーグ・ヤンキース―ブルージェイズの試合で、悪名高き球審のストライク判定がまたも物議を呼ぶこととなった。ヤンキース地元紙は本拠地が大ブーイングとなった事を伝え、呆れた名物記者も“引退”を勧告したほど。波紋は広がり、「どうして彼はまだこの仕事についていられるのか」「またか」と米ファンも批判的な声を上げている。

エンジェル・ヘルナンデス球審【写真:Getty Images】
エンジェル・ヘルナンデス球審【写真:Getty Images】

ヤンキース戦での判定が物議

 7日(日本時間8日)に行われた米大リーグ・ヤンキース―ブルージェイズの試合で、悪名高き球審のストライク判定がまたも物議を呼ぶこととなった。ヤンキース地元紙は本拠地が大ブーイングとなった事を伝え、呆れた名物記者も“引退”を勧告したほど。波紋は広がり、「どうして彼はまだこの仕事についていられるのか」「またか」と米ファンも批判的な声を上げている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 初回、先頭打者から不穏な空気がヤンキースタジアムに流れた。ブルージェイズの先発フランシスが、フルカウントからやや不自然な投球動作から投球。トーレスは打席を外し、ボークを訴えたようだが、球審エンジェル・ヘルナンデスは何も言わず。投球は高めに浮き、ボールかと思われたが、高々とストライクをコール。トーレスは見逃し三振となった。

 納得いかないヤンキース側は当然抗議。ブーン監督もベンチを出て、観客からは大きなブーイングが巻き起こった。このほかにもヘルナンデス球審は不可解なジャッジを指摘されている。米ニューヨーク地元紙「ニューヨーク・ポスト」の名物記者、ジョン・ヘイマン氏は自身のXで「これがエンジェル・ヘルナンデスの最後の試合であるべき。もうたくさんだ」と呆れ果てて“引退勧告”をしたほどだった。

“謎の判定シーン”の映像を公開したヤンキース専門メディア「トーキング・ヤンクス」公式X(旧ツイッター)は「エンジェル・ヘルナンデスという男は…」「一番面白いのは、これは全くストライクに近くもなかったことだ」と皮肉った。

 波紋は広がり、X上の米ファンからも「エンジェル・ヘルナンデスがまだメジャーリーグの審判として雇われていることが信じられない。まったくのジョークだ」「どうして彼はまだこの仕事についていられるのか」「エンジェル・ヘルナンデスにはよくあること」「彼はもう何年もひどいわ」「エンジェルの世界でだけ、これがストライクになる」「バッターフレンドリーね」「ジョークだね」「最低」「またエンジェル・ヘルナンデスか」などとコメントが多数書き込まれていた。試合は8-3でヤンキースが勝利している。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集