[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

SNSの心ない言葉でコメント欄を封鎖「心に刺さる」 復調へ、苦境を脱したゴルフ菅沼菜々の考え

SNSの使い方にも変化「気にしない、とは言いつつも…」

 埼玉栄高時代、週に1度はプレーしたコース。大きな声援を受け続けた。いい時も、悪い時も18ホールをともに歩いてくれる熱いファンがいる。一方、SNSには心ない言葉が届き、自身で反発する発信もしていた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

「(SNSで)応援してくれる方もたくさんいますが、DMとかにも結構、送られてきていたので、今はコメント欄を封鎖しています。『気にしない』とは言いつつも、やっぱり心に刺さるものもありますから」

 乃木坂46が大好きで笑顔がトレードマークの24歳。自身のファンに喜んでもらうため、SNSでも積極的に日常を発信してきた。成績が必要なことは自分が一番わかっている。だから、この日は時間がない中でも単独取材に丁寧に応じた後、去り際に言った。

「今から(次戦会場の熊本に)行きます。道が混んでしまうので毎回(試合後に)ダッシュです」

「広場恐怖症」により、公共交通機関を利用できない。そのため、次戦のKKT杯バンテリンレディス(熊本空港CC)で開催される熊本までの約1200キロの道のりも、父・真一さんの運転で移動する。ゴルフが一番なのは変わりない。

「今日はとにかく御殿場は抜けないとですね」

 過酷なツアー生活にも慣れている。プレーの迷いを吹っ切り、これから本領を発揮する。

(THE ANSWER編集部・山野邊 佳穂 / Kaho Yamanobe)


W-ANS


1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集