[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

6アンダー単独首位発進の小祝さくら、上々スタートをあえて「無かったもの」とした発想の根拠とは

女子ゴルフの国内ツアー・ヤマハレディースオープン葛城は28日、静岡・葛城GC山名C(6455ヤード、パー72)で開幕。初日は6バーディー、ボギーなしの66で回った小祝さくら(ニトリ)が6アンダーで単独首位発進した。今季は2度の2位があり、好調な滑り出し。自身の中にある奇妙な“巡り合わせ”を教訓にして好スコアにつなげた。1打差の2位には昨年大会優勝の穴井詩(GOLF5)、竹田麗央(ヤマエグループHD)がつけている。

ヤマハレディースオープン葛城の初日に出場した小祝さくら【写真:Getty Images】
ヤマハレディースオープン葛城の初日に出場した小祝さくら【写真:Getty Images】

ヤマハレディースオープン葛城

 女子ゴルフの国内ツアー・ヤマハレディースオープン葛城は28日、静岡・葛城GC山名C(6455ヤード、パー72)で開幕。初日は6バーディー、ボギーなしの66で回った小祝さくら(ニトリ)が6アンダーで単独首位発進した。今季は2度の2位があり、好調な滑り出し。自身の中にある奇妙な“巡り合わせ”を教訓にして好スコアにつなげた。1打差の2位には昨年大会優勝の穴井詩(GOLF5)、竹田麗央(ヤマエグループHD)がつけている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 インスタートの小祝は、10番パー4は残り115ヤードの2打目をPWで2メートルにつけてバーディーと絶好の滑り出しだった。ここで気分よく次のホールへ、となるところだが、ふと頭をよぎったことがあった。「いつもスタートがバーディーだとそこからボギーが続いたり、結局ハーフターンしたらあまり良くない、みたいなイメージが結構ある」。むしろ、ボギー発進のほうが「意外と良いことがあります」という小祝なりの巡り合わせ。そんな苦い経験を思い出し「バーディーは無かったものだと思って。ここからもっとバーディー獲る気持ちで」2ホール目からプレーをしたという。

 思惑通り、13、15、16番でバーディーを奪い、前半だけでスコアを4つ伸ばした。後半も3、4番でそれぞれ4メートルのパットを決めて連続バーディーという流れのままホールアウト。終わってみればボギーなしというラウンドだった。

 風がほぼなかった午前スタート。「ショットがすごく良いわけではないんですが、なんだか結構うまくいってくれて」とのらりくらりの“小祝節”はこの日も健在。それでもパットが好調で「今週はグリップの持ち方をちょっと変えたんですが、それがしっくり来た感じはありました」と納得した様子だ。今季初優勝に向けて、手応えはつかんでいる。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集