[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1角田裕毅、7位快走をレッドブル重鎮が絶賛「完全に成熟した証明だ」 リカルドには苦言も

自動車レースのF1オーストラリアGPは24日、メルボルンのアルバート・パーク・サーキットで決勝が行われ、8番手でスタートした角田裕毅(RB)は7位に入り、今季初入賞で6ポイントを獲得した。レッドブルのアドバイザーを務める重鎮ヘルムート・マルコ博士も角田の走りを「ノーミス」と絶賛。一方、12位に終わった同僚ダニエル・リカルドには「上手くいっていない」と評価を下した。

オーストラリアGPに出場した角田裕毅【写真:ロイター】
オーストラリアGPに出場した角田裕毅【写真:ロイター】

F1オーストラリアGP

 自動車レースのF1オーストラリアGPは24日、メルボルンのアルバート・パーク・サーキットで決勝が行われ、8番手でスタートした角田裕毅(RB)は7位に入り、今季初入賞で6ポイントを獲得した。レッドブルのアドバイザーを務める重鎮ヘルムート・マルコ博士も角田の走りを「ノーミス」と絶賛。一方、12位に終わった同僚ダニエル・リカルドには「上手くいっていない」と評価を下した。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 王者フェルスタッペン、ハミルトンらがリタイアになる波乱のレース展開。8番グリッドスタートだった角田は冷静に走り切り、8番手でフィニッシュ。レース後にアロンソが降格となったため、7位に繰り上がり6ポイントをもたらした。

 ドイツの有料放送局「Sky」は記事でマルコ博士のコメントを掲載。辛口評価を下すことでも知られる人物だが、角田については「第1ラウンドからノーミスだった。彼は非常に安定し好タイムを記録していた。完全に成熟したF1ドライバーであるということの証明だ」と絶賛を送っている。

 一方、3戦連続で振るわなかった同僚のリカルドについては「彼は苦戦している」と指摘。今大会は角田がQ3進出を果たしたのに対し、リカルドはQ1敗退。マルコ博士は「この3レース、あまり上手くいっていない。彼には安心して信頼できるマシンが必要だ。少なくともユウキと同じレベルに持ってこられるよう、チームが彼にそれを用意できることを願っている」と苦言を口にした。

 次戦は4月5日から鈴鹿サーキットで開催される日本GP。母国での角田のさらなる躍動に期待がかかる。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集