[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

水原氏の賭博問題、胴元側が大谷について証言 番組出演で「会ったことも話したこともない」

米大リーグのドジャースは、20日に韓国・ソウルで行われた開幕戦後に、大谷翔平投手の通訳を務めてきた水原一平氏を解雇した。水原氏については米国の複数メディアが、巨額の違法賭博への関与を報じている。この賭博の胴元とされるマット・ボイヤー氏の弁護士が米メディアのYouTubeチャンネルに登場し、ボイヤー氏が大谷とは「会ったことも話したこともない」と証言している。

水原一平氏(右)と大谷翔平【写真:Full-Count/荒川祐史】
水原一平氏(右)と大谷翔平【写真:Full-Count/荒川祐史】

違法賭博の胴元とされるボイヤー氏の弁護人が米メディアに登場

 米大リーグのドジャースは、20日に韓国・ソウルで行われた開幕戦後に、大谷翔平投手の通訳を務めてきた水原一平氏を解雇した。水原氏については米国の複数メディアが、巨額の違法賭博への関与を報じている。この賭博の胴元とされるマット・ボイヤー氏の弁護士が米メディアのYouTubeチャンネルに登場し、ボイヤー氏が大谷とは「会ったことも話したこともない」と証言している。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 米カリフォルニア州の地元放送局「ABC7」のYouTubeチャンネルに登場したのは、マット・ボイヤー氏の弁護士を務めるダイアン・バス氏。動画の中でバス氏は「マシュー・ボイヤーはショウヘイ・オオタニに会ったことも話したことも一度もありません。どんな形でも彼と連絡を取ったことはありません」と言い切っている。

 また「マットが依頼人の仕事を引き受けるときは、信頼できる情報源からの紹介が必要です。そして、想像できるように、ギャンブルは人によっては中毒であり、人によっては強迫観念です。小さいところから始め、借金を完済しようとし、そして手に負えなくなります」と、賭博は秘密裏に進められることや、ギャンブルの危険性を認識していることなども語っている。

 米国のスポーツ専門局「ESPN」の報道によると、同局は昨年9月と10月に、ボイヤー氏のブックメーカーに対して行われた合計100万ドル(約1億5105万円)の電信送金に大谷の名前があったと把握し、大谷側に問い合わせている。その後、水原氏の関与を把握し、開幕戦直前の20日にはインタビューを敢行。水原氏は2021年にサンディエゴで行われたポーカーゲームでボイヤー氏に出会い、その後“つけ払い”で野球以外の複数のスポーツに賭けていたと説明している。

 ただ、水原氏はその後同局に対し、インタビューで嘘をついたとして発言の多くを撤回している。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集