[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バスケ富永啓生が涙、21得点も初戦敗退 全米注目の大会で3ポイント5本成功も…大学バスケ生活は終了

バスケットボール男子日本代表で、NCAA(全米大学体育協会)1部ネブラスカ大に所属する富永啓生が22日(日本時間23日)、NCAAトーナメントの1回戦でテキサスA&M大と対戦。21得点、2リバウンド、1アシスト、1ブロックと奮闘するも、83-98で敗れた。終盤ベンチに下がった富永の目には涙もあった。

テキサスA&M大と対戦したネブラスカ大の富永啓生【写真:ロイター】
テキサスA&M大と対戦したネブラスカ大の富永啓生【写真:ロイター】

NCAAトーナメントの1回戦でテキサスA&M大に敗れる

 バスケットボール男子日本代表で、NCAA(全米大学体育協会)1部ネブラスカ大に所属する富永啓生が22日(日本時間23日)、NCAAトーナメントの1回戦でテキサスA&M大と対戦。21得点、2リバウンド、1アシスト、1ブロックと奮闘するも、83-98で敗れた。終盤ベンチに下がった富永の目には涙もあった。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

「マーチ・マッドネス」と呼ばれる68チームによるNCAAトーナメント。全米が注目する舞台に、ネブラスカ大は10年ぶりの出場となった。現地でも「日本のカリー」の異名がつけられている富永は先発出場し、日本人ではゴンザガ大に所属していた八村塁(現レイカーズ)以来2人目の出場を果たした。

 NBA入りへアピールしたい富永は前半、3本の3ポイントに成功。11得点をマークしたが、チームは44-58と劣勢で後半へ。富永は開始約1分でこの試合4本目のスリーポイントに成功。残り16分6秒ではシュートブロックに成功したが、熱くなりすぎたのか味方に諫められるようなシーンも。富永と相手のオバセキにテクニカルファウルが与えられた。

 富永はその後も果敢にスリーポイントを狙い続けるが、相手の勢いを上回ることはできず。終盤、ベンチに下がると涙を目に浮かべるシーンもあった。これが大学最後の試合となった富永。今後の進路にも注目が集まる。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集