[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本文化。素晴らしい」 バスケ富永啓生を見守る両親の行動を米称賛「ワンダフル」

米大学バスケットボール、NCAA(全米大学体育協会)ディビジョン1・ネブラスカ大の富永啓生は19日(日本時間20日)、ミネソタ大との一戦で11得点を挙げ、78-67で勝利を収めた。ブレイク中の22歳を両親も観戦。客席からお辞儀をした動画を同大公式が公開すると、米ファンから「文化。素晴らしい両親」と喝采が起きた。

米バスケ、ネブラスカ大に所属する富永啓生【写真:Getty Images】
米バスケ、ネブラスカ大に所属する富永啓生【写真:Getty Images】

富永啓生を生観戦した両親の行動とは

 米大学バスケットボール、NCAA(全米大学体育協会)ディビジョン1・ネブラスカ大の富永啓生は19日(日本時間20日)、ミネソタ大との一戦で11得点を挙げ、78-67で勝利を収めた。ブレイク中の22歳を両親も観戦。客席からお辞儀をした動画を同大公式が公開すると、米ファンから「文化。素晴らしい両親」と喝采が起きた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 両親が息子の雄姿を見届けた。元日本代表の父・啓之さんと母・ひとみさん、愛知・桜丘高時代の江崎悟監督が観戦。場内に客席の様子が映し出されたのか、3人は立ち上がって深々とお辞儀をした。身長188センチの富永に対し、啓之さんは211センチ。周囲の観客も笑顔で拍手を送ったり、ポーズを取ったりしている。

 動画を公開したのは、ネブラスカ大バスケットボール部公式ツイッター。文面では「ケイセイ・トミナガがハスカーのユニフォームでプレーするのを初観戦するため、6000マイル(9656km)超えの旅。ヒロユキとヒトミに敬意を表します」とつづった。米ファンは日本的なお辞儀や応援する姿を称賛している。

「彼らはワンダフル!」
「かっこいいね」
「文化。素晴らしい両親」
「彼らを見てハッピーだ」
「とても元気」

 富永は愛知・桜丘高卒業後にNJCAA(全米短期大学体育協会)のレンジャー・カレッジに進学し、2021-22シーズンからネブラスカ大へ編入。同年の東京五輪には3人制バスケットボール日本代表として出場した。今月は5戦連続20得点超えなど活躍。巧みな3ポイントなどから、NBAウォリアーズのステフィン・カリーを引き合いに“日本のカリー”“カリー級”と米メディアに紹介されていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集