[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷と水原氏は「とても純粋な関係性だと…」 3年間見てきた古巣エンゼルス番記者も衝撃隠せず

米大リーグのドジャースは20日、大谷翔平投手の通訳を2018年の渡米時から務めてきた水原一平氏を解雇した。巨額の違法賭博に関与したと複数の米メディアが報じ、球団も21日になって解雇の事実を認めた。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番記者として昨年まで大谷を取材してきたサム・ブラム氏は、米メディアに「私にとっては、ただただ悲しい」と心境を吐露している。

ドジャースの大谷翔平と水原一平氏【写真:Full-Count/荒川祐史】
ドジャースの大谷翔平と水原一平氏【写真:Full-Count/荒川祐史】

「ジ・アスレチック」のエンゼルス番記者が反応

 米大リーグのドジャースは20日、大谷翔平投手の通訳を2018年の渡米時から務めてきた水原一平氏を解雇した。巨額の違法賭博に関与したと複数の米メディアが報じ、球団も21日になって解雇の事実を認めた。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番記者として昨年まで大谷を取材してきたサム・ブラム氏は、米メディアに「私にとっては、ただただ悲しい」と心境を吐露している。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 米ポッドキャスト番組「ファウル・テリトリー」に出演したブラム氏。同番組公式X(旧ツイッター)が公開した動画の中で、水原氏の解雇について聞かれると、「過去3年間オオタニとイッペイの周りにいたけど、私個人から見て、とても純粋な関係性だと思った。メディア向けに作られた関係などではなくね。だから私としては、この件を知って悲しい」と語った。

 ドジャースの広報担当によると、水原氏は20日の試合後、ロッカールーム内での謝罪の中で、全て自分の責任であること、ギャンブル依存症であることを語ったという。ブラム記者は「まだ分からない情報や出てくるべき真実もあるだろう。私の視点から言えるのは、もしこれがギャンブル依存症なのだとすれば、依存症はとても真剣に捉えられるべき病だということ。人間を壊してしまうものだし、人間関係も壊れてしまう」と説明した。

 水原氏が解雇されて以降、大谷は公の場で語っていない。ブラム記者は「ある時点で、彼(大谷)もこの件について話さなければいけないだろう。彼ら(球団)がそれを許可することを願うよ」とコメント。「まだ出てこなければいけない情報はたくさんあるけど、私にとっては、ただただ悲しい」と衝撃を隠せない様子だった。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集