[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

水原一平氏、ナインに真実を告げた瞬間を米記者が伝える 複数の証言「風変り、奇妙と表現」

米大リーグのドジャースは20日、大谷翔平投手の通訳を2018年の渡米時から務めてきた水原一平氏を解雇した。巨額の不法賭博に関与したと複数の米メディアが報じ、球団も21日になって解雇の事実を認めた。水原氏は20日に韓国・ソウルで行われたパドレスとの開幕戦後、ロッカールームでナインに対して事実を明らかにしたという。そこで何があったのか、ドジャース番記者の取材によって明らかになってきている。

水原一平氏【写真:Getty Images】
水原一平氏【写真:Getty Images】

20日の試合後、ドジャースのロッカールームでの出来事

 米大リーグのドジャースは20日、大谷翔平投手の通訳を2018年の渡米時から務めてきた水原一平氏を解雇した。巨額の不法賭博に関与したと複数の米メディアが報じ、球団も21日になって解雇の事実を認めた。水原氏は20日に韓国・ソウルで行われたパドレスとの開幕戦後、ロッカールームでナインに対して事実を明らかにしたという。そこで何があったのか、ドジャース番記者の取材によって明らかになってきている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」でドジャース番を務めるファビアン・アルダヤ記者は「ショウヘイ・オオタニ、ドジャースは通訳の窃盗告発の余波の中、無言を貫く」という記事の中で、20日の試合後ドジャースに何が起きたのかを伝えている。

 記事は「もちろん、この24時間で多くのことが変わった。オオタニは開幕戦の9回に何も不適切なことがないかのようにミズハラと笑っているところが中継で映っていた」と、試合終了直前までいつも見られていた光景があったことを伝えた。

「オオタニがこの冬にドジャースと10年7億ドルの契約を結び、新しい球団での初戦後の祝福の瞬間、その光景は普通のことに思えた。エンゼルスで、そしてこれからはドジャースで国際的なスターへと昇りつめたオオタニのメジャーリーグでの時間のイメージは、影としてのミズハラを含むものだった」とし、大谷と水原氏は切っても切り離せないコンビとして定着していたと指摘する。

 そして記事は「数分後、ミズハラは疑うことを知らないクラブハウスの前に立ち、翌朝に世に出ることになるニュースを打ち明けた」と、試合直後の出来事を描写している。

「その部屋にいた複数の人によると、ミーティングは短く、唐突に集められた。彼らはマーク・ウォルター(オーナー)と(スタン)カステン(球団社長)もいた光景を『風変り』『奇妙』と表現した」

 チーム関係者によると、その部屋で水原氏は後に報じられることになる内容を口にしたという。海外で行われている開幕戦の直後に起こった非常事態だった。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集