[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

水原一平通訳解雇、米メディアが報じた内容の詳細「賭博で借金、6.8億円送金、合法と認識、ギャンブル依存症告白」

米大リーグのドジャースが20日、大谷翔平投手の通訳を務めてきた水原一平氏を解雇した。地元紙「LAタイムズ」など複数の米国メディアが伝えた。大谷の資金を違法とされるブックメーカーの賭けに用いる「大規模な窃盗」に関与したとされている。解雇までの経緯について、ここまで米メディアで報道された内容をまとめる。

水原一平通訳(左)【写真:Full-Count/荒川祐史】
水原一平通訳(左)【写真:Full-Count/荒川祐史】

解雇までの経緯を米メディアの報道内容からまとめる

 米大リーグのドジャースが20日、大谷翔平投手の通訳を務めてきた水原一平氏を解雇した。地元紙「LAタイムズ」など複数の米国メディアが伝えた。大谷の資金を違法とされるブックメーカーの賭けに用いる「大規模な窃盗」に関与したとされている。解雇までの経緯について、ここまで米メディアで報道された内容をまとめる。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 LAタイムズ紙は「ショウヘイ・オオタニの弁護士が賭博疑惑に関わる『大規模な窃盗』で通訳を告発」とのタイトルで掲載している。内容は、大谷の代理人が20日、違法とされるブックメーカーに賭けるため、大谷の資金を流用したとして水原通訳を告発したというもの。記事によると、連邦捜査当局がオレンジカウンティ在住でブックメーカーを運営するマシュー・ボウヤー氏を捜査する中で、今回の一件が明らかになった。

 関係者の証言として、水原氏はボウヤー氏とともに賭けを行い、大金を動かしていたという。地元LAにあるウェストハリウッドの法律事務所は「近々のメディア取材に応じる過程で、ショウヘイが大規模な窃盗の被害者になっていることを知り、一件を当局に引き渡している」と声明を発表した。ボウヤー氏の弁護士によると、ボウヤー氏は大谷に接触したことはないという。

 米スポーツ専門局「ESPN」はさらに独自情報を掲載しており、水原氏はブックメーカーの賭博で作った借金があった。複数の関係者によると、総額は450万ドル(約6億7890円)に膨らんでいた。水原氏はボウヤー氏を通した賭けは合法と思っていたという。そして、19日にESPNの取材に水原氏が応じ、その詳細を語った。

「ショウヘイが賭けには全く関与していないことをみんなに知って欲しい。これが違法だとは知らなかったことをみんなに知って欲しい。私は厳しい方法で教訓を得た。二度とスポーツ賭博はしない」と主張。水原氏は昨年末に負債額の肩代わりを大谷に依頼したと説明したが、翌日に大谷の広報担当が否定し、水原氏も撤回したという。

 ドジャースの広報担当によると、20日に行われた開幕戦・パドレス戦(ソウル)の試合後、ドジャースのロッカールームでこの一件が報じられると本人が説明。全て自分の責任であること、ギャンブル依存症であることを語ったという。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集