[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ライバルというより尊敬が勝つ」 女子ゴルフ23歳藤田かれん、5位急浮上の裏に同世代への敬意

女子ゴルフの国内ツアー・明治安田レディス第3日は9日、高知・土佐CC(6273ヤード、パー72)で行われ、28位で出た23歳の藤田かれん(ライク)が6バーディー、1ボギーの67で回り、通算5アンダーで暫定5位に急浮上した。実力者が多い2000年度生まれのプラチナ世代。「ライバルというより尊敬が勝つ」と同学年の選手たちに敬意を払った。

明治安田レディスに出場している藤田かれん【写真:Getty Images】
明治安田レディスに出場している藤田かれん【写真:Getty Images】

明治安田レディス第3日

 女子ゴルフの国内ツアー・明治安田レディス第3日は9日、高知・土佐CC(6273ヤード、パー72)で行われ、28位で出た23歳の藤田かれん(ライク)が6バーディー、1ボギーの67で回り、通算5アンダーで暫定5位に急浮上した。実力者が多い2000年度生まれのプラチナ世代。「ライバルというより尊敬が勝つ」と同学年の選手たちに敬意を払った。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 藤田が後半のバーディーラッシュで上位に食い込んだ。前半は1バーディー、1ボギー。しかし、後半は10番から3連続バーディーなどギアを上げた。16番で1つ伸ばし、最終18番は残り15ヤードからチップインバーディー。「ショットは凄く調子はいいんですけど、なかなか噛み合ってくれないことが多かった。今日は噛み合ってくれて、初日と同じバーディー数。それがボギーがなくなったっていう感じで、いいプレーだったかなと思います」と振り返った。

 滋賀・米原市出身。7歳からゴルフを始めた。2021年11月のプロテストに合格し、レギュラーツアーは22年が4試合、23年が2試合。うち4試合で予選落ちし、下部に相当するステップ・アップ・ツアーが主戦場だった。古江彩佳、西村優菜、吉田優利、安田祐香ら同学年は「プラチナ世代」と呼ばれ、自身より早くに活躍。「同い年でも尊敬する部分がたくさんある」と敬意を払う。

「ライバルというより尊敬が勝っているので、今は自分がようやくこの舞台に立てたので、一歩ずつ自分のペースで行けたらいいかなって思います」

 昨季最終予選会3位で今季前半戦の出場権を獲得。前週の開幕戦は36位だった。「シーズンが始まるのは早いなと。(オフを)もう少し充実させたかった」と本格参戦1年目のトップツアーに戸惑いつつ、「年明けから凄く調子は維持できていた。そこが今でもまだ持ってくれてる」と好調をキープしているという。

 目標はメルセデス・ランキング50位以内に与えられるシード権の獲得。「メンバーに圧倒されちゃう自分がいる」と冷静に自己分析しながらも、「この3日間と変わらず楽しくできたら上位に食い込めるかなと思います」と最終日を見据えた。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集