[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本救った“山下の1ミリ”は中国で賛否両論「神業だった」「訴えるべき」 VAR有無にも言及「ビデオ判定必要だ」

サッカー女子のパリ五輪アジア最終予選が28日に東京・国立競技場で行われ、女子日本代表(なでしこジャパン)は北朝鮮代表に2-1で勝ち、2戦合計2-1で今夏のパリ五輪の出場権を獲得した。かつてアジア女子サッカーのトップに立ちながらも、今回は出場を逃した中国では、試合の結果とともに前半にあった“山下の1ミリ”に注目する声が続出。「問題ない」「北朝鮮は訴えるべき」と意見は二分しており、判定システムの不備を指摘する声も上がっている。

女子サッカー日本のGK山下杏也加【写真:Getty Images】
女子サッカー日本のGK山下杏也加【写真:Getty Images】

パリ五輪アジア最終予選

 サッカー女子のパリ五輪アジア最終予選が28日に東京・国立競技場で行われ、女子日本代表(なでしこジャパン)は北朝鮮代表に2-1で勝ち、2戦合計2-1で今夏のパリ五輪の出場権を獲得した。かつてアジア女子サッカーのトップに立ちながらも、今回は出場を逃した中国では、試合の結果とともに前半にあった“山下の1ミリ”に注目する声が続出。「問題ない」「北朝鮮は訴えるべき」と意見は二分しており、判定システムの不備を指摘する声も上がっている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 前半26分にセットプレーの流れからDF高橋はなのゴールで先制したなでしこジャパン。試合の主導権を握ったが、ヒヤリとさせられるシーンもあった。同45分、相手のシュートがゴールに向かって転がったところを、GK山下杏也加が懸命のダイブ。右腕を伸ばし、ゴール寸前でボールをかき出した。ボールはラインに乗っており、2022年カタールW杯スペイン戦の「三笘の1ミリ」にちなみ“山下の1ミリ”ともいえるビッグセーブ。おかげで日本は前半を1点リードで終えることができた。

 このプレーは中国でも話題に。SNS「ウェイボー」やサッカー関連サイトにはコメントが寄せられた。「あのGKのセーブは神業だったと思う。ボールは完全にはゴールラインを越えてなかった」「あれは確かにゴールラインを越えていなかった。何も問題はない」と判定の正当性を訴える声が上がった一方で「重要な試合で、審判が試合の結果を左右した。審判は日本寄りだったと思う」といった北朝鮮に不利な判定だったことを指摘する意見もあった。

 この試合はVARが導入されていなかったため、リプレー検証もなし。これについても「重要な試合にはやはりビデオ判定が必要だ」といったコメントが。また「北朝鮮は国際サッカー連盟に訴えればいいと思う。不公平だ。自分が選手だったら、あれでやる気がなくなると思う。北朝鮮はそれでも後半に1点獲って日本を追い詰めようとした。尊敬に値すると思う」といった北朝鮮の戦いぶりを称賛する声も上がっている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集