[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本女子に追い詰められた中国メディア最敬礼「いかなるときも軽視できない」「伊藤の役割が…」【世界卓球】

世界卓球団体戦(韓国・釜山)は24日、女子決勝が行われ、日本が5連覇中の絶対女王・中国と対戦し、53年ぶりの世界一まであと1勝に迫りながら逆転で2-3で敗れた。5大会連続の銀メダルとなった。金メダルは中国、銅メダルはフランスと香港が獲得した。中国メディアは「日本との対戦は、いかなるときにも軽視することはできないことを示していた」と敗れた日本へも賛辞を送った。

世界卓球に出場した日本女子の選手たち【写真:ワールドテーブルテニス提供】
世界卓球に出場した日本女子の選手たち【写真:ワールドテーブルテニス提供】

世界卓球団体戦

 世界卓球団体戦(韓国・釜山)は24日、女子決勝が行われ、日本が5連覇中の絶対女王・中国と対戦し、53年ぶりの世界一まであと1勝に迫りながら逆転で2-3で敗れた。5大会連続の銀メダルとなった。金メダルは中国、銅メダルはフランスと香港が獲得した。中国メディアは「日本との対戦は、いかなるときにも軽視することはできないことを示していた」と敗れた日本へも賛辞を送った。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 第1試合で15歳の張本美和が世界ランク1位・孫穎莎にストレート負けを喫したものの、第2試合で早田ひなが東京五輪金メダリストの世界ランク3位・陳夢を3-1で撃破。さらに平野美宇も王芸迪をストレートで破り、優勝まであと1勝に迫った。ただ、第4試合で早田が孫穎莎とのエース対決をストレートで落とすと、すべてをかけた第5試合は張本が陳夢に第1ゲームを先取。2、3ゲームを落とし、迎えた第4ゲームも接戦となったが、最後は力尽きた。

 中国メディア「澎湃新聞」は「中国女子が3-2で日本を逆転。世界卓球6連覇を達成」との見出しで掲載した記事の中で、この一戦を「スリルに富んだ対戦」と表現した。

 試合後に陳夢、孫頴莎の2人が感極まって涙するほどの熱戦。記事でも「中国女子は首位防衛を果たしたが、今回の勝利は、すでにパリ五輪出場者名簿を決定した日本の女子との対戦は、いかなるときにも軽視することはできないことを示していたと言えるだろう」と激闘を表現。「決勝までの中国の歩みと比べて、日本女子のパフォーマンスは更に素晴らしいものだった」と日本の勝ち上がりについても褒めたたえている。

 中国はグループリーグ初戦でインドに苦戦。3-2で何とか勝利した一方、日本は決勝まで1敗もしない快進撃だった。「伊藤美誠が今回の世界卓球では全く新しい役割を演じていたのだ」と、今大会主にリザーブに回った伊藤の役割にも注目。「伊藤のコーチとしての役割は、日本のファンからも評判が高いようだ」と積極的に助言を送る姿が心打っていることも紹介されていた。

「中国は困難な中、世界卓球の団体金を防衛した」と締められているように、女王も苦しんだ末の頂点。パリ五輪ではさらに厳しい戦いが待っているかもしれない。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集