[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の写真撮影でも騒動に メジャーで批判殺到の新ユニホーム問題、解決へ選手にヒアリングも

米大リーグで議論となっている、今季から採用されたユニホームのズボンが“透ける”問題の解決に向けて選手会が動き出した。21日(日本時間22日)に行われたドジャースの公式写真撮影でも、大谷翔平投手が着たユニホームのズボンには、上衣の形がくっきり。メーカーとMLB機構の担当者がキャンプ地に向かい、解決への道を探るようだ。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

メーカーと大リーグ機構がキャンプ地に担当者を派遣

 米大リーグで議論となっている、今季から採用されたユニホームのズボンが“透ける”問題の解決に向けて選手会が動き出した。21日(日本時間22日)に行われたドジャースの公式写真撮影でも、大谷翔平投手が着たユニホームのズボンには、上衣の形がくっきり。メーカーとMLB機構の担当者がキャンプ地に向かい、解決への道を探るようだ。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 米スポーツ月刊誌「スポーツ・イラストレイテッド」は「MLB選手会が、拡散されているシースルーパンツについて声明を出した」という記事を掲載している。元タイガースで、現在は大リーグ選手会の専務理事を務めるトニー・クラーク氏の“透けるユニホーム”問題への考え方を紹介した。

 ユニホームは大手スポーツメーカーのナイキがデザインし、ファナティクスが製造したもの。ただキャンプで各選手が着用すると、ズボンが透けてしまうという大きな欠点が判明した。ドジャースの写真撮影では、世界中から注目を集める大谷もこのユニホームを着用。やはり上衣が透けており、批判が集まっていた。

 記事によると、クラーク氏は22日(同23日)になって「ユニホームが議論のトピックになるような状況に陥ったのは残念だ」と発言。見た目やフィット感、パンツの透明度の高さなど、ユニホームのさまざまな要素に対しての選手が懸念を表明したとしている。あらゆる事象は「パンツが透けていることを裏付けるものだ」と判断している。

 ただ、解決に向けすでに動き出しているようで、記事は「MLBの広報担当者によると、リーグ、ファナティクス、ナイキは選手からのフィードバックを受けるために、代表者をスプリングトレーニングのキャンプに派遣している」と紹介した。

 韓国・ソウルで行われるドジャースとパドレスの開幕戦までは1か月を切っている。この間に問題を解決したユニホームは届くのだろうか。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集