[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、アゴを同僚の肩に乗せて放ったスペイン語に米反響「上手に聞こえる」「最高!」

米大リーグのドジャースに移籍した大谷翔平投手、山本由伸投手が、新たな同僚の“教室”でマスターしたスペイン語を披露し話題となっている。ドジャースが公式インスタグラムに公開した動画には「Buenos Dias(おはよう)」と笑顔で語りかける大谷の姿が。これにファンから「オオタニのスペイン語は英語よりも上手に聞こえるね」との賛辞が集まっている。

スプリング・トレーニングに参加した大谷翔平【写真:Full-Count/荒川祐史】
スプリング・トレーニングに参加した大谷翔平【写真:Full-Count/荒川祐史】

同じ“新入り”のヘルナンデスにスペイン語を話せと求められた大谷

 米大リーグのドジャースに移籍した大谷翔平投手、山本由伸投手が、新たな同僚の“教室”でマスターしたスペイン語を披露し話題となっている。ドジャースが公式インスタグラムに公開した動画には「Buenos Dias(おはよう)」と笑顔で語りかける大谷の姿が。これに米ファンから「オオタニのスペイン語は英語よりも上手に聞こえるね」との賛辞が集まっている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 スペイン語の先生となったのは、昨季はマリナーズで26本塁打し、今季FAでドジャース入りしたテオスカー・ヘルナンデス外野手。ドミニカ出身のヘルナンデスから「ファンにおはようの挨拶をして!」と促された大谷は、肩に顔を乗せ滑らかな発音でスペイン語を繰り出した。

 21日(日本時間22日)には選手の顔写真などを撮影するフォトデーが行われ、その前後の一幕とみられる。さらにヘルナンデスは、山本にも「Yama!!」と呼びかけてスペイン語での挨拶を求めている。2人がチームに溶け込んでいる様子がうかがえる。楽しそうな大谷の様子には米ファンからも賛辞が多数寄せられた。

「オオタニのしゃべるスペイン語を聞いて! 最高!」
「ここ数週間でオオタニのこれほどの笑顔は見たことがないよ」
「オオタニのスペイン語は英語よりも上手に聞こえるね」
「オオタニは英語よりスペイン語の方が早くマスターできるかもね」
「アメージング。ショウヘイはもうすぐ日本、アメリカ、メキシコの選手の通訳になれるね」

 さらに「裏ではスペイン語の悪い言葉も教えてるって知ってるでしょ?」というコメントも。今季はスペイン語でファンに語りかける機会も増えるのだろうか。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集