[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大金星目前で無念の棄権、格下チェコが台湾戦で示した実力に中国メディア驚き「脅威になるとは…」【世界卓球】

韓国・釜山で行われている世界卓球団体戦で、大金星目前ながらも無念の結末となる出来事が起こった。19日に行われた男子1次リーグ、日本と同じ5組で世界ランキング27位のチェコは同9位の台湾をあと一歩のところまで追い詰めながら、最終5人目が負傷のため無念の棄権。卓球大国の中国メディアもこの結末について「実に思いがけないこと」「不確実性にあふれ、人の予想を超えてくるもの」など驚きや同情を交えて報道している。

世界卓球に出場したルボミール・ヤンカリク【写真:ロイター】
世界卓球に出場したルボミール・ヤンカリク【写真:ロイター】

世界卓球団体戦

 韓国・釜山で行われている世界卓球団体戦で、大金星目前ながらも無念の結末となる出来事が起こった。19日に行われた男子1次リーグ、日本と同じ5組で世界ランキング27位のチェコは同9位の台湾をあと一歩のところまで追い詰めながら、最終5人目が負傷のため無念の棄権。卓球大国の中国メディアもこの結末について「実に思いがけないこと」「不確実性にあふれ、人の予想を超えてくるもの」など驚きや同情を交えて報道している。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 日本戦の裏でドラマが生まれていた。ともに2勝1敗で並ぶチェコと台湾の対戦。第1試合でチェコはヤンカリクが高承睿をストレートで破り、第2試合はポランスキーが敗れたものの、第3試合でマルティンコが42歳のベテラン・荘智淵をフルゲームの末に撃破した。第4試合でヤンカリクが世界ランク8位の林昀儒に敗れ、最終第5試合に団体戦の勝敗が委ねられたが、第1ゲーム0-4となった場面でポランスキーが棄権。高承睿の勝利が決まり、台湾が辛うじて1敗を守った。

 中国の専門メディア「卓球ネット」は「世界卓球:林昀儒が大活躍で2ポイント獲得。勝敗につながる最後の試合をチェコが棄権」との見出しで報道。「釜山世界卓球でハラハラドキドキの対決が繰り広げられた。台湾の男子チームが猛烈な攻撃に遭い、世界チャンピオン経験者の荘智淵、希望の星、高承睿がともに惨敗した。林昀儒が果敢なプレーで2ポイントを獲得したが、その後、試合は劇的な形で終了した」と記した。

 幕切れとなった最後のシーンについては「チェコのポランスキー選手が負傷して試合が続けられなくなり、台湾勝利の判定が下された。長い試合を繰り広げた結果、最終的にこのような形で試合が終わるとは、実に思いがけないことであった」と伝えている。

 下馬評は世界ランク通り、台湾有利。同メディアも「一方でチェコチームはヨーロッパでもまだ一流のレベルには達しておらず、試合の前には台湾チームの脅威になるとは考えられていなかった」と見ていたが「始まってみると、状況はファンの予想を大きく覆すものだった」とチェコの健闘に驚いた記述も見られた。

 それだけに「最後の対戦に注目が集まる中、チェコのポランスキーは負傷により試合が継続できなくなり、最終的にチェコは台湾に敗れることとなった」と予想外の結末に対し「競技スポーツは実に不確実性にあふれ、人の予想を超えてくるものだ」とあらゆる可能性があったことに触れつつ、同情的な見解を示していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集