[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米9勝目の松山英樹 難コース“トリプル制覇”で米記者が最大級称賛「殿堂入りに近づいている」

米男子ゴルフツアーのジェネシス招待は18日(日本時間19日)、米カリフォルニア州パシフィックパリセーズのリビエラCC(7322ヤード、パー71)で最終日が行われ、首位と6打差の7位で出た松山英樹(LEXUS)は9バーディー、ボギーなしの62で回り、通算17アンダーで米ツアー9勝目をマークした。崔京周(韓国)の8勝を抜き、アジア勢最多優勝記録を更新。米記者はこの快挙を「殿堂入りのキャリアにますます近づいている」と最大級の賛辞を送っている。

米ツアー9勝目をマークした松山英樹【写真:ロイター】
米ツアー9勝目をマークした松山英樹【写真:ロイター】

ジェネシス招待で米ツアー9勝目

 米男子ゴルフツアーのジェネシス招待は18日(日本時間19日)、米カリフォルニア州パシフィックパリセーズのリビエラCC(7322ヤード、パー71)で最終日が行われ、首位と6打差の7位で出た松山英樹(LEXUS)は9バーディー、ボギーなしの62で回り、通算17アンダーで米ツアー9勝目をマークした。崔京周(韓国)の8勝を抜き、アジア勢最多優勝記録を更新。米記者はこの快挙を「殿堂入りのキャリアにますます近づいている」と最大級の賛辞を送っている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 記録にも記憶にも残る勝利だった。出だしの1番から3番まで3連続バーディーで追撃態勢を整えると、後半も10番からまたも3連続バーディー。15番パー4からこの日3度目となる3連続バーディーで一気にトップに浮上した。ボギーなしと安定感もあり、62のビッグスコアでホールアウト。後続は松山を上回れず、大逆転劇は完結した。

 2022年1月のソニー・オープン以来、約2年ぶりの優勝。米ツアーアジア勢最多優勝回数でついに崔京周を上回った。米スポーツメディア「バーストゥール・スポーツ」のダン・ラパポート記者はX(旧ツイッター)で称賛。「ヒデキ・マツヤマはオーガスタ、ザ・メモリアル、そしてリビエラでも優勝した。悪くないね。PGAツアー9勝目となり、殿堂入りのキャリアにますます近づいている」とつづり、難コースで知られるオーガスタ・ナショナルGCとミュアフィールドビレッジGC、さらに今回のリビエラCCでの優勝の価値についても触れている。

 松山は今回の優勝で年間総合ポイント(フェデックスポイント)ランキング54位から一気に3位に浮上。18日付の世界ランキングも55位から20位に上昇した。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集