[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹の大逆転Vを自虐的に祝福 失格の元世界1位「スコアのダブルチェックを忘れないでね…」

米男子ゴルフツアーのジェネシス招待は18日(日本時間19日)、リビエラCC(7322ヤード、パー71)で最終日が行われた。7位で出た松山英樹(LEXUS)は9バーディー、ボギーなしの62で回り、通算17アンダー。6打差を大逆転しての米ツアー9勝目をマークした。この大会でまさかの失格となっている世界ランク12位ジョーダン・スピース(米国)は、ユーモアを込めた“自虐投稿”で松山を祝福している。

ジェネシス招待最終日をプレーする松山英樹【写真:Getty Images】
ジェネシス招待最終日をプレーする松山英樹【写真:Getty Images】

ジェネシス招待で6打差逆転V

 米男子ゴルフツアーのジェネシス招待は18日(日本時間19日)、リビエラCC(7322ヤード、パー71)で最終日が行われた。7位で出た松山英樹(LEXUS)は9バーディー、ボギーなしの62で回り、通算17アンダー。6打差を大逆転しての米ツアー9勝目をマークした。この大会でまさかの失格となっている世界ランク12位ジョーダン・スピース(米国)は、ユーモアを込めた“自虐投稿”で松山を祝福している。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 松山は出だしから好調。1番パー5から3連続バーディーを奪うと、後半も10番からまたも3連続バーディー。首位争いに顔を出すと、15番パー4からこの日3度目となる3連続バーディー。ボギーなしと安定感もあり、62のビッグスコアで大逆転を果たした。

 2022年1月のソニー・オープン以来2年ぶりの復活優勝。崔京周の記録を上回り、アジア勢最多の9勝目となった。これに対し、スピースは自身のX(旧ツイッター)を更新し「ヒデキ、素晴らしいプレーだった!スコアカードのダブルチェックを忘れないでね……」とつづった。

 世界ランク1位となったこともある実力者スピースだが、この大会の2日目にまさかの失態。4打でボギーだった4番パー3を「3」と記載。スコア誤記で失格処分を受けることとなった。その後にXで「今日、私は間違ったスコアカードにサインし、それが正しいことを確認するために全ての手順を踏んだと思ったが、スコアリングエリアから出てしまった」と釈明していた。

 同日の投稿で「ルールはルールであり、全責任は私にある。私はこの大会とゴルフコースがどのPGAツアーよりも大好きなので、週末に出場できない。残念だ。LAでのサポートに本当に感謝している」とも記していたが、松山の優勝には自身の失態を重ねて祝福を送っていた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集