[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大逆転Vの松山英樹、あのウッズも帝王ニクラスも逃した偉業達成 難コースで史上14人目と米紹介

米男子ゴルフツアーのジェネシス招待は18日(日本時間19日)、リビエラCC(7322ヤード、パー71)で最終日が行われた。7位で出た松山英樹(LEXUS)は9バーディー、ボギーなしの62で回り、通算17アンダー。6打差を大逆転しての米ツアー9勝目をマークした。米国の識者は、タイガー・ウッズもジャック・ニクラスも成し遂げていない偉業を達成したと伝えている。

トロフィーを掲げて歓喜する松山英樹【写真:ロイター】
トロフィーを掲げて歓喜する松山英樹【写真:ロイター】

ジェネシス招待で米ツアー9勝目

 米男子ゴルフツアーのジェネシス招待は18日(日本時間19日)、リビエラCC(7322ヤード、パー71)で最終日が行われた。7位で出た松山英樹(LEXUS)は9バーディー、ボギーなしの62で回り、通算17アンダー。6打差を大逆転しての米ツアー9勝目をマークした。米国の識者は、タイガー・ウッズもジャック・ニクラスも成し遂げていない偉業を達成したと伝えている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 松山は出だしから好調。1番パー5から3連続バーディーを奪うと、後半も10番からまたも3連続バーディー。首位争いに顔を出すと、15番パー4からこの日3度目となる3連続バーディー。ボギーなしと安定感もあり、62のビッグスコアで大逆転を果たした。

 2022年1月のソニー・オープン以来2年ぶりの復活優勝。崔京周の記録を上回り、アジア勢最多の9勝目となった。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」に寄稿するなど、長年米国のスポーツメディアに携わっているジャスティン・レイ氏は、自身のXでメジャー大会のマスターズが開催されるオーガスタ・ナショナルGCとリビエラCCの両方で優勝したのが松山で史上14人目であると紹介した。

 続く投稿では「信じられないことに、タイガー・ウッズもジャック・ニクラスもリビエラで優勝したことがない」と注目。あのウッズも“ゴルフの帝王”ことニクラス氏も成し遂げていない快挙であると伝えつつ、「アーノルド・パーマーは(他のマスターズチャンプの中で)この大会で優勝しているが、このコースでは優勝していない」とも難コースでの優勝の希少性を紹介していた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集