[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悪夢の22点差逆転負け…1点差でパリ五輪逃したハンガリー指揮官は沈痛「胸が張り裂けそう」

パリ五輪出場権を懸けた女子バスケットボールの世界最終予選・最終戦が11日にハンガリーのショプロンで行われ、世界ランク9位の日本代表は同5位カナダに86-82で勝ち、3大会連続の五輪出場を決めた。その2時間半後に行われたもう1試合では、同19位のハンガリーが同4位のスペインに一時22点差でリードしながらも72-73で逆転負け。わずか1点届かず、パリへの道が断たれた。FIBA公式は「胸が張り裂けそう。これがスポーツ」と悲痛な思いを語った指揮官の声を紹介した。

スペイン戦を指揮したハンガリーのノルベルト・セーケイHC【写真:(C)FIBA】
スペイン戦を指揮したハンガリーのノルベルト・セーケイHC【写真:(C)FIBA】

ハンガリーはあと一歩でパリ五輪出場権を逃す

 パリ五輪出場権を懸けた女子バスケットボールの世界最終予選・最終戦が11日にハンガリーのショプロンで行われ、世界ランク9位の日本代表は同5位カナダに86-82で勝ち、3大会連続の五輪出場を決めた。その2時間半後に行われたもう1試合では、同19位のハンガリーが同4位のスペインに一時22点差でリードしながらも72-73で逆転負け。わずか1点届かず、パリへの道が断たれた。FIBA公式は「胸が張り裂けそう。これがスポーツ」と悲痛な思いを語った指揮官の声を紹介した。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 44年ぶりの五輪出場を願う本拠地の大声援が沈黙に変わった。ハンガリーは前半を終えて46-27でリード。第3クォーター(Q)でも先手を取り、最大22点差まで広げた。最終第4Qを迎えた時点でも64-50と14点差。しかし、ここからスペインの猛反撃を受けた。約3分間で一気に連続13失点。1点差に詰め寄られると、残り55秒でついに逆転を許し、そのまま逃げ切られた。

 勝てば五輪出場権獲得、負ければパリ行きの道が断たれるという大事な一戦。あと一歩のところで敗れたハンガリーのノルベルト・セーケイヘッドコーチ(HC)は試合後の記者会見で「何か言うのはとても難しい」と切り出しつつ、言葉を絞り出した。

 FIBA公式YouTubeチャンネルでも配信された会見。指揮官は「私たちは前半、素晴らしいプレーをしていたが、後半は本領を発揮できなかった。胸が張り裂けそうだ。このような試合は人生で見たことがない」と回顧。言葉に詰まりながらも「これがスポーツだ。山もあれば谷もある。最終的に私たちは五輪に出場できない。それは私たちの夢だった。試合が終わって今はただただ失望している」と悲痛な胸の内を明かした。

 今大会は各グループ4チームが参加。総当たりのリーグ戦を行い、上位3チームに五輪出場権が与えられる。“死のグループ”とも評されたハンガリー会場では、最終戦の前の時点で全チームが1勝1敗で並んでいた。日本がカナダに勝利した時点で、直接対決の結果からスペインのパリ五輪行きが確定。ハンガリーは勝てばカナダを上回って出場権を獲得できたが、一歩及ばず涙を飲んだ。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集