[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パドレス松井裕樹の語学力に韓国メディアも注目 発した韓国語は…同僚「日本語で返しました」

米大リーグのパドレス入りした松井裕樹投手が、磨き上げた語学力を早速生かしていることが明らかになった。11日(日本時間12日)には、流ちょうな英語やスペイン語を披露したのに加え、12日(同13日)には、同僚となったコ・ウソク投手に韓国語で話しかけていたようだ。

パドレスの松井裕樹【写真:ロイター】
パドレスの松井裕樹【写真:ロイター】

韓国紙が松井裕樹とコ・ウソクの言語を超えたやり取りを紹介

 米大リーグのパドレス入りした松井裕樹投手が、磨き上げた語学力を早速生かしていることが明らかになった。11日(日本時間12日)には、流ちょうな英語やスペイン語を披露したのに加え、12日(同13日)には、同僚となったコ・ウソク投手に韓国語で話しかけていたようだ。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 韓国紙「スポーツソウル」が「『アンニョンハセヨ』という松井の挨拶に『こんにちは』と返した新入生コ・ウソクのキャンプ生活」という記事で伝えている。

 記事はコ・ウソクが松井との出会いについて問われ「アンニョンハセヨと言われたので、日本語で挨拶を返しました」と驚きつつ、笑いながら答えたと紹介した。

 コ・ウソクによれば、松井との関係は「以前からの知り合いというわけではないが、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で投げるところを見た」のだという。昨年3月のWBCで、コ・ウソクは直前の練習試合で右肩を痛めて出場できなかったものの、松井の存在は認識していたのだという。

 松井は11日(同12日)に報道対応した際に、英語とスペイン語で流ちょうな自己紹介をして見せた。メキシコ国境に近いという本拠地の土地柄もあり、地元メディアやファンをすでに虜にしている。さらにコ・ウソクや、昨季ゴールドグラブ賞を獲得したキム・ハソン内野手には積極的に韓国語でコミュニケーションをとっていくようだ。

 コ・ウソクと松井の2人について記事は「今季のパドレスで、抑え投手のイスを争う競争関係だ。共通点もある。それぞれのリーグで頂点に立った抑えということだ」と紹介。松井は楽天時代に最多セーブを3度、コ・ウソクもLG時代の2022年に42セーブでタイトルを獲得している。

 松井が5年総額2800万ドル(約41億8200万円)という高額の契約で入団したため「今季パドレスの有力な抑え投手で、コ・ウソクはセットアッパーという予想があるが、決まったことはまだ何もない」としている。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集