[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「美人すぎる17歳柔道家」を元世界王者も絶賛「東京五輪でも間違いなく有力候補だ」

柔道の世界選手権(アゼルバイジャン)第1日は20日、女子48キロ級決勝でダリア・ビロディド(ウクライナ)が渡名喜風南(パーク24)に一本勝ちで初優勝。17歳345日は史上最年少Vの快挙となった。一躍、柔道界に現れたニューヒロインに対し、男子の元世界王者は「非常に規格外」「東京五輪でも間違いなく有力候補だ」と絶賛している。国際柔道連盟公式サイトが伝えている。

史上最年少で世界選手権チャンピオンとなったダリア・ビロディド【写真:Getty Images】
史上最年少で世界選手権チャンピオンとなったダリア・ビロディド【写真:Getty Images】

目下30連勝、史上最年少女王ビロディドの圧勝Vに賛辞「非常に規格外なこと」

 柔道の世界選手権(アゼルバイジャン)第1日は20日、女子48キロ級決勝でダリア・ビロディド(ウクライナ)が渡名喜風南(パーク24)に一本勝ちで初優勝。17歳345日は史上最年少Vの快挙となった。一躍、柔道界に現れたニューヒロインに対し、男子の元世界王者は「非常に規格外」「東京五輪でも間違いなく有力候補だ」と絶賛している。国際柔道連盟公式サイトが伝えている。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 文句なしの強さで新女王の座を射止めた。開始2分過ぎ。ビロディドは渡名喜の一瞬の隙を突き、大内刈りで一本勝ち。優勝を決めると、目に涙を浮かべながら、コーチである母のもとに駆け寄り、熱く抱擁を交わした。田村(現姓・谷)亮子を抜く史上最年少世界女王の誕生。歴史的瞬間となった。

 現在、世界ランク3位のビロディドはウクライナ出身の17歳。強さも去ることながら美貌で話題を呼び、7月に公開した女優のようにカメラ目線を決める“奇跡の1枚”は、海外ファンから「可愛すぎる」の大合唱となり、「愛らしい」「ビューティー」「ゴージャス」「とても美しい」「素晴らしい写真」「魅力的」「あなたは普通にモデルだ」など海外ファンを虜にしていた。

 そんな強く美しい17歳の新女王を男子の元世界女王も絶賛している。国際柔道連盟公式サイトは91年世界選手権78キロ級王者のダニエル・ラスカウ氏(ドイツ)の解説記事を展開。強さをひも解いている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集