[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

シリアに大勝の日本サッカーは「アジアの超一流」 韓国に完敗した中国が驚愕「キャプ翼はSFじゃない」

サッカーの2026年北中米共催ワールドカップ(W杯)アジア2次予選が21日に行われた。グループCの中国はホーム開催で0-3と韓国に完敗。一方でグループBの日本はアウェーでシリアに5-0と大勝した。中国メディアは日本の強さに注目。ファンの間でも「アジアで超一流」「未来のW杯では、日本が何度も優勝することになる」との声が挙がっている。

シリアに大勝した日本代表【写真:Getty Images】
シリアに大勝した日本代表【写真:Getty Images】

日本はシリアに5-0、中国は韓国に0-3

 サッカーの2026年北中米共催ワールドカップ(W杯)アジア2次予選が21日に行われた。グループCの中国はホーム開催で0-3と韓国に完敗。一方でグループBの日本はアウェーでシリアに5-0と大勝した。中国メディアは日本の強さに注目。ファンの間でも「アジアで超一流」「未来のW杯では、日本が何度も優勝することになる」との声が挙がっている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 日本は前半32分に久保建英(レアル・ソシエダード)がゴール。このグループ唯一の連勝で首位に立っている。中国メディア「澎湃新聞」は「グループBの日本―シリアでは、実力に極めて大きな開きがある両チームの間で、一方的な試合が行われた」と伝えた。

 さらに「久保建英、菅原由勢(AZアルクマール)、細谷真大(柏)がそれぞれ1つずつゴールを決め、上田綺世(フェイエノールト)は2ゴール。伊東純也(スタッド・ランス)は4アシストを演じた」と主力の目を見張る働きを報じている。

 また中国メディア「ジーボーバ」も「日本が5-0でシリアに大勝」と試合結果を伝えた。シュート数で日本が19本、シリアが2本。支配率で日本が71パーセント、シリアが29パーセントと大きな差がついたと詳細に報道。ファンからは大量のコメントが集まった。

「アジアの超一流。日本の強さに屈しないチームがアジアにいる?」
「誰も日本の実力は疑わない。アジアで超一流? 日本はいま世界の超一流と競っているのに、何を今さら“アジアの超一流”?」
「日本がブラジルに勝っても不思議だとは思わない」
・この勝利、まったく楽すぎる。アジアで日本と戦えるところなんてない。   
・日本はアジアを脱してヨーロッパへどうぞ。中国サッカーはアジアを抜けて南極州かな。

 また「“キャプテン翼”はSFじゃない。日本では高校サッカーがすでに102回目を迎えている」と強くなるプロセスを指摘し「このまま強くなったら、未来のW杯では、日本が何度も優勝することになる」という声まで上がっていた。

(THE ANSWER編集部)



W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集