[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

打倒・井上尚弥に「私は自信がある」 プロ9連勝、米国の元五輪戦士が希望「自分が最高だと…」

ボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者・井上尚弥(大橋)は12月26日に東京・有明アリーナでWBA&IBF王者マーロン・タパレス(フィリピン)と4団体統一戦を行う。勝てば史上2人目の2階級4団体統一の偉業となる井上には海外ボクサーからも高い関心が寄せられているが、東京五輪米国代表でプロ転向後9連勝中のブルース・キャリントンも対戦を希望している。

井上尚弥【写真:高橋学】
井上尚弥【写真:高橋学】

井上は12月にタパレスと4団体統一戦

 ボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者・井上尚弥(大橋)は12月26日に東京・有明アリーナでWBA&IBF王者マーロン・タパレス(フィリピン)と4団体統一戦を行う。勝てば史上2人目の2階級4団体統一の偉業となる井上には海外ボクサーからも高い関心が寄せられているが、東京五輪米国代表でプロ転向後9連勝中のブルース・キャリントンも対戦を希望している。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 カナダのボクシング専門ポッドキャスト「ボクシング・ワールド・ウィークリー」の公式Youtubeに登場したキャリントン。東京五輪後にプロ転向し、デビューから9戦無敗(5KO)の26歳だ。現在はフェザー級を主戦場としており、Xで井上のフェザー級転向が待ち切れないといった旨の発信をしていたという。

「彼(井上)をさらすチャンスが来ることを願っている」と投稿したか否かを問われたキャリントンは「一字一句違わない。そう言ったよ(笑)」とコメント。「これを詳しく話す前に言わせてくれ。彼は素晴らしいボクサーだし、私はイノウエの大ファンなんだ。彼がやっていることは、とても印象的だ」と、井上の実力を称賛しつつもこう続けている。

「ただ、私は自信があるし、私は違うと分かっている。そして何をもたらすかも分かっている。イノウエと戦うことになるとき、私がもたらすものが彼に多くの問題を引き起こすと思う。そしてそれは私が勝利するまでの十分な問題を引き起こすだろう」

 デビューから無敗の元トップアマとはいえ、プロではまだ大きな実績がないキャリントンだが、自信は十分のようだ。「最高と言われている人と戦って自分自身をテストしたいんだ。私は自分が最高だと思うけど、みんなは他の人が最高だと言う。だから何が起こるか見てみよう」と息まいた。「やるべきことがたくさんあるから、すぐに起こることはないけど。時が来れば必ず起こる」。井上と同じ舞台に立つまではまだ時間がかかると認めながら、将来に向けて挑戦状を送っている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集