[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

身長206cm世界王者がダウン! 大健闘デビュー選手を海外記者称賛「興行の勝者。感銘受けた!」

ボクシングのヘビー級10回戦が28日(日本時間29日)、サウジアラビアで行われ、WBC世界同級王者タイソン・フューリー(英国)が元UFC世界王者フランシス・ガヌー(カメルーン)に2-1の判定勝ちした。しかし、ボクシングデビュー戦のガヌーが世界王者からダウン奪取。海外メディアが衝撃の動画を公開した。海外記者は「偉大な勝利」「感銘を受けた!」と大健闘を称えている。

タイソン・フューリーにパンチを放つフランシス・ガヌー(左)【写真:ロイター】
タイソン・フューリーにパンチを放つフランシス・ガヌー(左)【写真:ロイター】

ガヌーの左フックが炸裂

 ボクシングのヘビー級10回戦が28日(日本時間29日)、サウジアラビアで行われ、WBC世界同級王者タイソン・フューリー(英国)が元UFC世界王者フランシス・ガヌー(カメルーン)に2-1の判定勝ちした。しかし、ボクシングデビュー戦のガヌーが世界王者からダウン奪取。海外メディアが衝撃の動画を公開した。海外記者は「偉大な勝利」「感銘を受けた!」と大健闘を称えている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 歴史的番狂わせを予感させた。3回、フューリーの打ち終わりにガヌーの左フックが炸裂。身長206センチの巨体が崩れ落ち、尻もちをつかせるダウンを奪った。世界王者を倒し、会場は騒然。倒れたフューリーに対し、ガヌーは挑発的なダンスを見せた。

 リングサイドからド迫力のダウン動画を公開したのは、米紙「USAトゥデー」の総合格闘技専門メディア「MMAジャンキー」公式X(旧ツイッター)。一方、海外記者たちもXで反応した。米スポーツ専門局「ESPN」のマイク・コッピンガー記者はこうつづっている。

「フューリーがガヌーに96-93、95-94、94-95の判定勝ち。フューリーはダウンを奪われ、良くなかった。プロボクシングデビューでフューリーを追い詰めたガヌーにとっては偉大な勝利だ」

 米著名ボクシングジャーナリストのダン・ラファエル氏も、判定結果が発表される前に「大接戦だ。ガヌーは判定では勝てないかもしれないが、このイベントの勝者だ。良い試合。ガヌーに感銘を受けた!」と称えていた。

 37歳のガヌーは総合格闘技(MMA)では17勝(12KO)3敗。アフリカ人初のUFC世界ヘビー級王者となった。今回がボクシングデビュー戦。35歳のフューリーは33勝(24KO)1分けの戦績を誇っていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集