[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドラフトで今年も起きた波乱 高校世界一侍&通算62発スラッガーら、有力選手がまさかの指名漏れ

「プロ野球ドラフト会議supported by リポビタンD」が26日、都内で行われ、全選手の指名が終了。全122人(支配下72人、育成50人)がプロ入りの切符を掴んだ。一方で、プロ志望届を提出しながら指名漏れとなった選手も生まれた。

高校日本代表・侍ジャパンの世界一に貢献した沖縄尚学の東恩納蒼【写真:Getty Images】
高校日本代表・侍ジャパンの世界一に貢献した沖縄尚学の東恩納蒼【写真:Getty Images】

「プロ野球ドラフト会議supported by リポビタンD」

「プロ野球ドラフト会議supported by リポビタンD」が26日、都内で行われ、全選手の指名が終了。全122人(支配下72人、育成50人)がプロ入りの切符を掴んだ。一方で、プロ志望届を提出しながら指名漏れとなった選手も生まれた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 最も話題となったのは広陵・真鍋慧内野手。“広陵のボンズ”の異名を取り、高校通算62発を放った。甲子園に春夏通算3度出場したが、名前を呼ばれず。大学進学で4年後のプロ入りを目指すとみられる。また、高校日本代表・侍ジャパンが世界一になった9月のU-18ワールドカップ(W杯)で5回参考ながら完全試合も達成した沖縄尚学・東恩納蒼投手のほか、神村学園・黒木陽琉投手、仙台育英・仁田陽翔投手、履正社・森田大翔内野手ら甲子園で活躍した選手も無念の結末となった。

 大学生では、智辯和歌山で2018年センバツ準優勝を経験した立大・池田陽佑投手、東邦で2019年センバツ優勝を経験した早大・早大・熊田任洋内野手、智弁学園で高校日本代表の主将も務めた近大・坂下翔馬内野手ら、高校時代から名の知れた選手も指名漏れ。また、大学日本代表にも選ばれた明大・蒔田稔投手など、大学で実績を積んだ選手たちも涙を呑み、X(旧ツイッター)上では「指名漏れ」がトレンド入りするなど、今年も相次いだ波乱に野球ファンの大きな注目を集めていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集