[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

明暗分かれた渡邊雄太と八村塁 NBA開幕戦で渡邊は勝負所で3Pシュート2発、八村は成功ゼロ

米プロバスケットボール(NBA)の2023-24年シーズンが開幕し、渡邊雄太が今季から所属するサンズは敵地でウォリアーズに108-104で競り勝ち、白星発進を決めた。一方、八村塁が所属するレイカーズは敵地で昨季王者のナゲッツに107-119で敗戦。ともに途中出場で渡邊は8得点、4バウンド、八村は6得点、3リバウンドと数字に大きな差はなかったものの、期待される3ポイントシュートの精度で明暗を分けた。

レイカーズの八村塁(左)とサンズの渡邊雄太【写真:ロイター】
レイカーズの八村塁(左)とサンズの渡邊雄太【写真:ロイター】

NBA2023-24年シーズンが開幕

 米プロバスケットボール(NBA)の2023-24年シーズンが開幕し、渡邊雄太が今季から所属するサンズは敵地でウォリアーズに108-104で競り勝ち、白星発進を決めた。一方、八村塁が所属するレイカーズは敵地で昨季王者のナゲッツに107-119で敗戦。ともに途中出場で渡邊は8得点、4バウンド、八村は6得点、3リバウンドと数字に大きな差はなかったものの、期待される3ポイントシュートの精度で明暗を分けた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 今季NBAで先行開幕の形となった2試合に、八村と渡邊が登場。日本人ファンにとって注目の1日は、まずは八村が躍動した。第1クォーター(Q)終盤からコートに立ち、第2Q残り58秒に今季初得点を決めた。八村の試合が終わった直後にティップオフとなったウォリアーズ―サンズの一戦は、渡邊もベンチスタート。第1Q残り3分過ぎから出場し、第2Qには3ポイントシュートを決めた。

 八村は14分39秒の出場で6得点、渡邊は17分53秒の出場で8得点と大きな差はなかったが、渡邊は2本の3ポイントシュートを成功。しかも32-35とビハインドの中での同点シュート、さらにウォリアーズの名手クリス・ポールのシュートをブロックしてからの3ポイントと、苦しい場面での価値ある2発だった。

 一方、八村はフィールドゴールのアテンプトが10本ありながら成功は3本。3ポイントシュートは3本打って1本も決められなかった。ともにスターターではなく、難しい局面での起用という状況ではあるが、開幕戦に至っては2人の明暗が分かれた形だ。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集