[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

50歳になったイチロー、米メディアが驚きの記録を発掘 米ファン驚愕「まだPO進出に貢献できた」

メジャーリーグで通算3089安打を記録したイチロー氏(現マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)が22日に50歳の誕生日を迎え、MLB公式などがSNSに祝福の投稿を行っている。その中、米スポーツ専門メディア「スポーティングニュース」のSNSは驚きの記録を掘り起こして紹介。米ファンからは「まだ今年のマリナーズのプレーオフ進出に貢献できたと思う」などのコメントが寄せられている。

マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターのイチロー氏【写真:Getty Images】
マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターのイチロー氏【写真:Getty Images】

22日で50歳のイチロー氏、米メディアが偉業を称える

 メジャーリーグで通算3089安打を記録したイチロー氏(現マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)が22日に50歳の誕生日を迎え、MLB公式などがSNSに祝福の投稿を行っている。その中、米スポーツ専門メディア「スポーティングニュース」のSNSは驚きの記録を掘り起こして紹介。米ファンからは「まだ今年のマリナーズのプレーオフ進出に貢献できたと思う」などのコメントが寄せられている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 同メディアの公式X(旧ツイッター)は「イチロー、今日50歳に」「イチローは(メジャー移籍後)10打数目にシングルヒットを放ち、キャリア通算打率を.300に伸ばした。彼のキャリア通算打率が3割を下回ることは、その後のキャリアにおいて一度もなかった」と伝えている。

 マリナーズ入りした2001年、イチローは開幕から2試合を終え9打数2安打の打率.222。ただ3試合目のアスレチックス戦に「1番・右翼」の定位置で先発すると、この試合で2安打し打率を.308へと引き上げた。4試合目には4安打し.421へと跳ね上がり、その後は引退までに一度も3割を下回ることなく通算.311を残した。

 メジャー10打数目以降、引退まで一度も通算打率が3割を下回らなかったという記録。これにファンからは驚きの言葉が並んだ。

「最後の8シーズンで打率.300を下回りながら、それでもキャリア通算打率.311で終わるのに十分な安打を放ったことは、さらにクレイジーなことだ」
「もし彼がキャリア中ずっとMLBにいたら、おそらく最高の選手とみなされていただろう」
「彼は50歳だが、おそらくまだ今年のマリナーズのプレーオフ進出に貢献できたと思う」
「ハッピーバースデー」
「ショウヘイのヒーロー」

 今後、このようなキャリアを送る安打製造機は現れるのだろうか。イチロー氏の偉大さを改めて感じさせる誕生日となった。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集