[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1米国GPで2位ハミルトンと6位ルクレールが失格、マシンの技術的違反で 角田裕毅は10→8位に浮上

自動車レースのF1第19戦米国GP決勝が22日(日本時間23日)にテキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、今季すでに総合優勝を決めているレッドブルのマックス・フェルスタッペンが今季15勝目、通算50勝目を挙げた。2位のルイス・ハミルトン(マクラーレン)、6位のチャールズ・ルクレール(フェラーリ)の2人が技術的違反により、失格になった。F1公式サイトが明らかにした。10位に入って今季4度目の入賞でポイントを獲得していた角田裕毅(アルファタウリ)の順位も8位に上がった。

米国GPに出場したルイス・ハミルトン(右)、チャールズ・ルクレール【写真:ロイター】
米国GPに出場したルイス・ハミルトン(右)、チャールズ・ルクレール【写真:ロイター】

F1公式サイトで発表

 自動車レースのF1第19戦米国GP決勝が22日(日本時間23日)にテキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、今季すでに総合優勝を決めているレッドブルのマックス・フェルスタッペンが今季15勝目、通算50勝目を挙げた。2位のルイス・ハミルトン(マクラーレン)、6位のチャールズ・ルクレール(フェラーリ)の2人が技術的違反により、失格になった。F1公式サイトが明らかにした。10位に入って今季4度目の入賞でポイントを獲得していた角田裕毅(アルファタウリ)の順位も8位に上がった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 衝撃が走った。F1公式サイトは「ハミルトンとルクレールが技術的違反によりアメリカGPから失格に」との見出しで記事を公開。「ルイス・ハミルトンとチャールズ・ルクレールは両者ともアメリカGPから失格となった。オースティンでのレース後、彼らの車はポストレースの検査を受け、プランクウェアの検査が実施された後、FIAテクニカルチームによって不正が発見された」と記し、理由について言及した。

 記事内では、FIAテクニカル・デリゲートのレポート内容も公開。車体フロアの下部にかかわるプランクアセンブリの技術的規定が「2023年のF1テクニカルレギュレーション項に従っていない」ことが認められたという。

 これにより、3位のランド・ノリス(マクラーレン)が2位に上がり、4位のカルロス・サインツ(フェラーリ)が3位表彰台に上がることになった。角田は8位となり、12位だったローガン・サージェント(ウィリアムズ)がキャリア初の入賞を果たした。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集