[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マリニン衝撃310.47点でGP初戦V 羽生結弦らに続く史上5人目の300点超え、4回転4本を余裕の着氷

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦・スケートアメリカは21日(日本時間22日)、男子フリーが行われ、イリア・マリニン(米国)が206.41点をマーク。合計310.47点と圧巻の演技で優勝した。

スケートアメリカで優勝したイリア・マリニン【写真:ロイター】
スケートアメリカで優勝したイリア・マリニン【写真:ロイター】

GPシリーズ第1戦・スケートアメリカ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦・スケートアメリカは21日(日本時間22日)、男子フリーが行われ、イリア・マリニン(米国)が206.41点をマーク。合計310.47点と圧巻の演技で優勝した。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 マリニンはフリーで4回転4本に挑み、いずれも余裕の着氷。米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏のXによると、合計300点超えは北京五輪金メダリストのネイサン・チェン、五輪連覇王者の羽生結弦、鍵山優真、宇野昌磨に続き史上5人目の快挙となった。

「クワッド・ゴッド」(4回転の神)の異名を持つマリニンは昨年9月、米レークプラシッドで行われたUSインターナショナルの男子フリーで史上初めて4回転アクセルに成功。得意のジャンプで度々ファンの度肝を抜いていた。

 X上では日本ファンもこの得点に驚いた様子。「300点クラブ入会」「300点クラブ仲間入りおめでとう」「5人のうち日本選手3人もいるのか」「フリー200点クラブと総合300点クラブに入会」などと、羽生らの「300点クラブ入会」が話題の一つになっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集