[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イ・ボミの夫イ・ワン、日本ファンに感謝「凄く愛してくれた」 結婚後0勝に悩みも「彼女が逆に支えてくれた」

女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUP マスターズGCレディース第2日が20日、兵庫・マスターズGC(6495ヤード、パー72)で行われた。107位で出た韓国の2015、16年賞金女王イ・ボミ(延田グループ)は2バーディー、2ボギーの72で回り、通算11オーバーの99位で予選落ち。一時代を築いた35歳が日本のツアー生活に別れを告げた。俳優の夫イ・ワンも取材に応じ、日本のファンに感謝した。

2日目のラウンドを笑顔でホールアウトしたイ・ボミ【写真:Getty Images】
2日目のラウンドを笑顔でホールアウトしたイ・ボミ【写真:Getty Images】

NOBUTA GROUP マスターズGCレディース第2日

 女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUP マスターズGCレディース第2日が20日、兵庫・マスターズGC(6495ヤード、パー72)で行われた。107位で出た韓国の2015、16年賞金女王イ・ボミ(延田グループ)は2バーディー、2ボギーの72で回り、通算11オーバーの99位で予選落ち。一時代を築いた35歳が日本のツアー生活に別れを告げた。俳優の夫イ・ワンも取材に応じ、日本のファンに感謝した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 ボミはファンの声援にスタート前から涙を流した。大ギャラリーの前で懸命にプレー。バーディーを2つ奪い、大団円を迎えた。2019年に結婚したワンは、初日から2日間観戦。これまで何度も来日し、妻のプレーを見届けてきた。日本での最後のプレーには「泣きそうだったけど、我慢しました」と感激。ここまでのボミの歩みを明かした。

「(最終戦まで)試合ごとに精神的にプレッシャーが凄くあったと思います。私がメンタル的に楽にしてあげたかったけど、最後の試合で凄く重圧があったと思う。最後は他のことを考えず、スイングとかも気にせず、楽しんでほしかった」

 大ギャラリーに囲まれた様子には、「とても感謝しています。外国人だけど、凄く愛してくれて凄く嬉しい」と笑顔。ボミは結婚後に成績が下がったと言われたくないという思いが強かった。想いを知るワンもともに闘ってきたという。

「実際、(ボミは)メンタル的にプレッシャーを感じていた。僕自身が『自分と一緒にいてダメになったんじゃないか』と思うようになりました。そうしたら、彼女が逆に支えてくれた。ここまで来られたことに感謝しています」

 当面はゴルフから離れるが、永久シードを持つ韓国ツアーでは「試合が恋しくなったら」と出場する可能性もある。ワンは「今までベストを尽くしてきた。10歳から25年間ゴルフをしてきて、第2の人生になる。僕は5分の1くらいは一緒に生活しているけど、これから僕が支えになって1から100まで支えられる夫になりたい」と誓った。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集