[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

オリに逆転勝ちもたらした「運動会のお父さん」 おなか揺らして“ドスドス走り”が話題「可愛くて泣ける」

18日に行われたプロ野球パ・リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第1戦で、オリックスの巨漢助っ人が見せた激走がファンの話題となっている。おなかを揺らしながら地面をドスドス踏みしめ、必死の姿で生還する様子に「運動会のお父さん」「可愛くて泣ける」とコメントが集まった。

全力疾走で本塁を目指すオリックスのセデーニョ【画像:パーソル パ・リーグTV】
全力疾走で本塁を目指すオリックスのセデーニョ【画像:パーソル パ・リーグTV】

パ・リーグCS、ファイナルステージ初戦

 18日に行われたプロ野球パ・リーグのクライマックスシリーズ、ファイナルステージ第1戦で、オリックスの巨漢助っ人が見せた激走がファンの話題となっている。おなかを揺らしながら地面をドスドス踏みしめ、必死の姿で生還する様子に「運動会のお父さん」「可愛くて泣ける」とコメントが集まった。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

「4番・DH」で先発したセデーニョは、1点を追って迎えた6回先頭で打席に立つと四球で出塁。続く杉本の打球が右中間を抜けそうだと見るとスタートを切った。そのまま二塁、三塁と必死のベースランニングで回り、スライディングせずに生還。ベンチ前では思わず辻打撃コーチと「走ってやったぜ!」とでも言えるようなポーズで笑いを誘った。

 この場面を「パーソル パ・リーグTV」が公式YouTubeに「ドスドス萌え」と題して動画で公開すると、ファンからはコメントが多数寄せられた。

「必死さに可愛くて泣ける」
「試合に出られて嬉しくて仕方ないんやろな」
「でかい外国人の全力疾走は見ててかっこいいしおもしろい」
「運動会のお父さんみたいな感じだったけどよく走って返ってきてくれた」
「かわええ走り方だなぁ」
「ドスドス走塁で揺れるセデーニョの腹」
「セデーニョがホームまで帰ってこられるとは思わなかった…」
「走力…凄いな…」
「思ってたより足が速かった」

 公称88キロを超えているようにも見える巨漢の激走に触発されたのか、オリックスはこの回4点を挙げそのまま8-5で逆転勝ちを収めた。シリーズの流れを変えたプレーの1つになるかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集