[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

史上初の“打率1割台&40発男”がPO先頭打者初球アーチ 188km超速弾に米驚愕「この爆弾を待っていた」

米大リーグ、フィリーズのカイル・シュワーバーが、16日(日本時間17日)に行われたナ・リーグの優勝決定シリーズ第1戦で初回、先頭打者初球本塁打を放った。打球速度117.1マイル(約188.5キロ)という超速弾に、米ファンからは「この爆弾を待っていた」「なんてこった」と驚きの声が上がっている。

先頭打者初球本塁打を放ったフィリーズのカイル・シュワーバー【写真:ロイター】
先頭打者初球本塁打を放ったフィリーズのカイル・シュワーバー【写真:ロイター】

ダイヤモンドバックスとのナ・リーグ優勝決定シリーズ初戦

 米大リーグ、フィリーズのカイル・シュワーバーが、16日(日本時間17日)に行われたナ・リーグの優勝決定シリーズ第1戦で初回、先頭打者初球本塁打を放った。打球速度117.1マイル(約188.5キロ)という超速弾に、米ファンからは「この爆弾を待っていた」「なんてこった」と驚きの声が上がっている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

「1番・DH」で先発したシュワーバーは、ダイヤモンドバックス先発ザック・ガレンの初球、真ん中への直球をとらえ右翼席へ運んだ。打球はあっという間に右翼2階席へ突き刺さり、スタンドのファンは狂喜乱舞した。

 シュワーバーは今季レギュラーシーズンでは打率.197、47本塁打。打率2割未満の打者が40本塁打するのは史上初という珍記録で大きな注目を集めた。プレーオフに入っても、この試合を迎えるまで25打数4安打で打率.160。ようやく見せた爆発に、フィリーズの公式X(旧ツイッター)が「冗談だろ」というメッセージとともに公開した動画には驚きの声が並んだ。

「アメージング」
「これは現実的じゃない」
「この爆弾を待っていたんだよ」
「待て、まだあるぞ!」
「シュワボンブ」
「なんてこった」

 また、米スポーツ専門局「ESPN」のデータ専門アカウント「ESPNスタッツ&インフォ」は公式Xで、シュワーバーのポストシーズンでの先頭打者本塁打は通算4本目で、これは「デレク・ジーター(元ヤンキース)とジミー・ロリンズ(元フィリーズ)を抜きMLB史上単独トップに立った」と伝えている。異能の打者の爆発は、どこまで続くだろうか。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集