[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バレー石川祐希が自虐「弱すぎ」 告白した試合前の“弱点”を後輩もいじる「情けないです」

バレーボール男子の日本代表は8日まで東京・代々木体育館で行われたパリ五輪予選兼ワールドカップ(W杯)のプールBで米国に次ぐ2位となり、来年のパリ五輪出場権を獲得した。主将の石川祐希(ミラノ)は13日、自身のX(旧ツイッター)を更新。意外な“弱点”を告白すると、同僚からも「情けないです」「困ったもんだ」といじるコメントが寄せられた。

バレー日本代表の石川祐希【写真:Getty Images】
バレー日本代表の石川祐希【写真:Getty Images】

パリ五輪予選兼ワールドカップで日本を引っ張った主将の弱点とは

 バレーボール男子の日本代表は8日まで東京・代々木体育館で行われたパリ五輪予選兼ワールドカップ(W杯)のプールBで米国に次ぐ2位となり、来年のパリ五輪出場権を獲得した。主将の石川祐希(ミラノ)は13日、自身のX(旧ツイッター)を更新。意外な“弱点”を告白すると、同僚からも「情けないです」「困ったもんだ」といじるコメントが寄せられた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 キャプテンとしてチームを引っ張った石川だが、大会中にはうまくいかないこともあったようだ。「そういえば」と自身のXで切り出した石川は「OQTのコイントスは1勝6敗」と綴り、パリ五輪予選で負けが込んでいたことを告白。「弱すぎ。コイントス、もっと勝ちたい」と自虐的に記した。

 これにチームメートが続々と反応。西田有志が「困ったもんだ」と投稿すれば、高橋藍は「情けないです」と先輩をいじるコメント。石川は「おい。」と短く返信した。さらに小野寺太志が「コイントス変わろうか?」と呟くと、石川は「俺の楽しみ奪うな。」と返した。

 コイントスでは1勝6敗だったが、肝心の試合では5勝2敗でプールBの2位となり、見事パリ五輪出場権を獲得。2008年の北京五輪以来、16年ぶりとなる自力での出場権獲得を果たした。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集